い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 御園地域交流センター 上伊那初のCO2固定量認証を取得

御園地域交流センター 上伊那初のCO2固定量認証を取得

長野県では、平成24年度に長野県産材CO2固定量認証制度を創設し、長野県産材を使用した住宅・事業所・公共建築物・木製品を対象に認証を行っています。

今回、上伊那地域の公共建築物として初めて、伊那市の御園地域交流センターが認証され、証書が交付されました。


二酸化炭素を吸収し、炭素を蓄えて成長した木材を利用することは、健全な森林環境の維持や地球温暖化防止につながります。

当施設には、柱や壁などに県内で伐採されたカラマツ・スギ・ヒノキを使用しており、審査の結果、二酸化炭素固定量が48.3トンと評価されました。


これは、1つの家庭から排出される二酸化炭素のおよそ10年分に相当します(日本の1家庭あたりの二酸化炭素排出量は約4.7トンとされています)。
認証を受けた住宅には、融資の際の優遇措置もあります。

認証制度の詳細については、以下をご覧ください。
http://www.pref.nagano.lg.jp/ringyo/sangyo/ringyo/kensanzai/ecoco.html

御園地域交流センター(伊那市御園506-1)は、こちらですicon15

LINEで送る

このブログのトップへ