じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 「鳥香(とりこう)」で美味だれ焼き鳥ともつ煮

「鳥香(とりこう)」で美味だれ焼き鳥ともつ煮

 

こんにちは。

 

総務管理課のさくたろうです。

 

 

先日、上田市古里にある「鳥香(とりこう)」におじゃましました。

鳥香1

こちらのお店、焼き鳥好きとしてとても気になってはいたのですが、どうも入る勇気が出ず、結局何年も行けずじまい…。

 

そんなとき、こちらのお店によく行くという方にお声を掛けていただきまして、今回念願の初来店が果たせました。

 

素敵なご縁に心から感謝です。

 

 

持ち帰りもできるそうで、お店の外観の写真を撮っているとき、焼き鳥の入った袋を手に出てくるお客さん2組と擦れ違いました。

 

皆さん満面の笑みだったので、期待度が高まります。

 

 

17:30過ぎくらいにおじゃましましたが、カウンターはすでにお客さんでいっぱい。

 

奥の和室に通していただきました。

鳥香13

初めての方にはなかなか入りにくい、常連さんが通うようなお店だと思って萎縮していたのですが、「やだねぇ、うちのお店で気なんて使っちゃいけないよ!」という明るいご主人の振る舞いに、緊張が和らぎました。

 

 

こちらのお店、メニューは至ってシンプル。

鳥香14

サイドメニューのようなものはなく、飲み物と焼き鳥ともつ煮だけです。

 

看板メニューの焼き鳥と、評判のもつ煮を注文しました。

 

 

お通しで出していただいたのは、お漬物と大量の千切りキャベツ。

鳥香10 鳥香8

 

各テーブルに置いてある梅干しも自由に食べていいとのこと。

鳥香2

 

「どんどん好きにやってくれ!」とご主人。

 

フレンドリーさが嬉しいです。

 

 

まず出てきたのは、「もつ煮」550円(税込み)。

鳥香4

こちらは2人前ですが、こちらもまた量がすごいです。

 

あっさりとした味付けで脂っこくないもつは、とにかく絶品!

鳥香5

お酒にもピッタリだと思います。

 

 

続いて、焼き鳥です。

鳥香6

左が「しろ」1本110円(税込み)、右が「かしら」1本110円(税込み)。

鳥香7

左が「レバー」1本110円(税込み)、右が「つくね」1本130円(税込み)。

鳥香9

奥が「皮(鳥)」1本110円(税込み)、左が「たん」1本110円(税込み)、右が「とり」1本110円(税込み)。

 

上田地域のご当地グルメ「美味だれ」がたっぷりと掛かっていました。

 

本格的ながらリーズナブルなお値段の焼き鳥は、とても美味しかったです。

 

 

泡の少ないビールは、お酒好きには嬉しいサービス。

鳥香15

 

お店の入口のカウンター席は、ご主人と奥様、常連さんと思われる方々で、いつもわいわいしているそう。

 

「いつかカウンター席に座ってみたいのだが、どのくらい通えば座れるようになるんですか?」とお聞きしましたが、「そんなの空いてれば、どんどん座ってくれていいよ!」とご主人。

鳥香11

 

4段の棚にはたくさんのキープボトルが。

鳥香3

「うちは勝手に流さないから、どんどん溜まっていっちゃうんだ!」とご主人。

 

こちらのお店を慕い集まるお客さんと、そのお客さんを大事にしているお店の温かさが窺い知れます。

 

 

「見てくれよ、これがまた泣けちまうんだ!」と、ご主人が嬉しそうに見せてくれたのは、何やら額縁に入った一枚の紙。

 

許可を得られたので、ご紹介します。

 

額縁に入れられて大切に飾られていたのは、お孫さんが小学校4年生のときに書いた作文でした。

 

タイトルは、「ぼくのゆめ」。

鳥香12

内容は、大人になったらじいちゃんのお店を継ぎたい、今貯めているお年玉のお金でじいちゃんに綺麗なお店を作ってあげたい、という、おじいちゃん思いのお孫さんの夢でした。

 

今、そのお孫さんは高校生。

 

スポーツマンの立派な青年になっているそうです。

 

 

あまりにも面白いご主人だったので、いろいろと質問をさせていただいたところ、お店を始めた経緯にびっくり。

 

元々はトラックの運転手をしていたというご主人。

 

ヘルニアを患い、そのとき入院した病院の看護師長さんに、「あなた、トラックの運転手は辞めて、焼き鳥屋さんでもやったら?」と言われたそうです。

 

そして、それをきっかけに、20年ほど続けていた仕事を辞め、昭和56年にこちらのお店を出したとのこと。

 

何と、「鳥香(とりこう)」というお店の名前も、そのとき同じ病室にいた患者さんに付けてもらったそうです。

 

「そんなこんなで36年目!あと4年で40年になるんだ!それまで続けられるといいんだけどよ!」とやる気を見せるご主人は、今年で77歳。

 

いつまでも元気でいていただきたいものです。

 

 

皆さんも是非、こちらのお店にいらしてみてはいかがでしょうか。

 

絶品の焼き鳥はもちろん、地元に愛される昔ながらのお店の良さがたくさん詰まっていますよ!

 

 

 

 

 

鳥香(とりこう)

 

〒386-0005
長野県上田市古里1539-9

0268-25-0988

16:00~21:00

定休日:日曜日・月曜日

 

LINEで送る

このブログのトップへ