諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

魅力再発見!信州歴史の道(中山道)

朝晩がめっきり冷え込む季節となってきましたが皆さんお元気でしょうか。
そんななか、寒さを吹き飛ばすイベント、全国歴史の道会議長野県大会(魅力再発見!信州歴史の道・中山道)が11月23日(金)、24日(土)に下諏訪町等で開催されました!

本大会は地域の歴史や文化を物語る古道「歴史の道」の保護と活用を皆で考えることを目的としており、今回が14回目の開催となります。

初日は下諏訪町文化センターで講演会が行われ、行政関係者と一般の方々合わせて150名が熱心に講演に聞き入っていました。
また、下諏訪観光PRキャラクターの万治くんもかけつけてくれました。


さすが万治くん、後光が差しています。

二日目は1日コースの和田宿・長久保宿めぐりと半日コースの下諏訪宿めぐりの2コースに分かれ中山道ウォーキングが行われました。子供から年配の方まで約120名の参加がありました。

半日コースの下諏訪宿めぐりでは下諏訪観光ガイドの方々の案内で、偽官軍の汚名を着せられて処刑された赤報隊の相楽総三が眠る魁塚や諏訪大社下社の春宮や秋宮、下諏訪宿の本陣をめぐりました。地元のガイドさんならではのエピソードもたくさん聞かせてくれました。

江戸から京都へと続く中山道と江戸から下諏訪に至る甲州街道の主要な2街道が合流する下諏訪宿は道中でも屈指の規模を持つ宿場町として栄えました。また、中山道で唯一の温泉宿場として参勤交代の際には大名たちもこぞって下諏訪宿に滞在したそうです。

下諏訪町では道端の道祖神にも御柱が立ちます。

諏訪大社春宮の御柱、もみの木だそうです。次回の御柱祭は4年後です。

参勤交代の大名らが宿泊した下諏訪宿本陣。
江戸時代の建物と庭園が今もそのまま残されています。

下諏訪宿本陣では現当主自ら武田信玄の書状など貴重な品々を見せてくれました。

大名も滞在した部屋から見える庭も素晴らしいです。

諏訪大社秋宮まで来ると見晴らしもよく、諏訪湖も見えてきます(写真では見えませんが。。)。

1 2

このブログのトップへ