諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

「すわんぽ」開催中!!

京都の学生が主催する下諏訪周遊プロジェクト「すわんぽ」が始まりました。

この企画は、京都芸術デザイン専門学校の学生さんが「×9(カケルキュウ)」というグループ名で「諏訪湖周まちじゅう芸術祭2012」に参加し、8月26日(日)から31日(金)の6日間、下諏訪町内のお店や施設9カ所に「箱型アート」の作品を展示するものです。

スタンプラリーを楽しみながら「箱型アート」を巡って町の各地をお散歩してきました。



門前ひろば食祭館に飾ってあった「灯鈴(あかりん)」です。「風鈴と灯を組合せた新しい癒しのアイテム」とのことです。足湯で心身をリラックスさせながら観賞することができます。



「すわんぽ」は御柱祭で有名な諏訪大社下社周辺で開催しています(写真は秋宮)。夏の観光シーズンということもあり、多くの観光客で賑わっています。



日帰り温泉入浴施設「遊泉ハウス児湯」には、「Do-BATH」というジオラマが展示してありました。下諏訪町の昭和60年代ころの街並みをモチーフにした作品で、懐かしさを感じられます。



ちょっと足を延ばして、あの岡本太郎氏が絶賛したといわれる「万治の石仏」にも寄ってみました。下諏訪町で最も人気のある観光スポットの一つです。



スタンプラリーを完成させると「すわんぽくんの靴下」のプレゼントがあります。数量限定とのことですので、お早めに!!

このブログのトップへ