諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

まち歩きを楽しくするガイドブック完成!

 諏訪地域は、縄文時代の遺跡、諏訪大社を始めとする社寺建築、ものづくりのDNAを今に引き継ぐ近代化産業遺産など、古くからの歴史や伝統文化により育まれた貴重な資産を数多く有する大変魅力あるエリアです。
 このたび、これらの宝物をわかりやすく解説したガイドブックが地元の皆さんの御尽力により、出来上がりました。

 まずは、「くらフォーラムin八ヶ岳」の皆さんによる「諏訪の社寺と名匠たち―大隅流・立川流の神髄を訪ねて」です。

 大隅流(おおすみりゅう)と立川流(たてかわりゅう)は、諏訪地域で発展した江戸時代から続く建築彫刻の流派です。諏訪大社など国重要文化財等に指定された数多くの社寺建築がここ諏訪地域に現存し、全国的にも高く評価されています。
 大隅流・立川流の系譜や今に残る巨匠たちの作品を初心者にもわかりやすく取りまとめられていまので、このガイドブックを片手に社寺めぐりを堪能してみてはいかがでしょうか。
 【定価】1,000円
 【発行所】長野日報社
 【お問い合わせ】「くらフォーラムin八ヶ岳」事務局 朝倉さん(電話080-6550-2442)

 もう一つは、「まちミュー諏訪」の皆さんによる「信州わくわくフットパスガイドブック」です。

 「まちミュー諏訪」は、富士見町を中心にガイドブックの制作や観光ガイドツアー等を行うグループで、そのネットワークは、上伊那地域まで広がりつつあります。

 これまでに、「01岡谷市の近代化産業遺産をめぐるちいさな旅」「02精霊のふる郷・諏訪大社上社周辺散策ガイドブック」「03花の百名山・入笠山にいにしえの信仰の道を訪ねる」「04ここに来れば縄文にあえる(井戸尻遺跡周辺散策ガイドブック)」の4冊が刊行されています。
 富士見町では、今年から「ふじみおひさんぽ」という企画も始まっており、「まち歩き」がちょっとしたブームになっています。ガイドブックに掲載されている地元ならではの情報は、きっと「まち歩き」のお役に立つはずです。

 【定価】一冊200円
 【発行所】まちミュー諏訪
 【お問い合わせ】「まちミュー諏訪」事務局 下平さん(電話62-6122)

このブログのトップへ