南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > 南信州”登山”日和Vol20~積雪期の恩田大川入山(下伊那郡阿智村)その2

南信州”登山”日和Vol20~積雪期の恩田大川入山(下伊那郡阿智村)その2

農地整備課の中年Yです。

2/27(土)、2/23(下記URL参照)に引き続き恩田大川入山(浪合山ともいう 下伊那郡阿智村 標高1,921m)に行ってきました。

南信州”登山”日和Vol19~積雪期の恩田大川入山(下伊那郡阿智村)へ

今回は、早朝に登山口となるあららぎスキー場を出発。

御来光の後、6:50に大川入山と恩田大川入山の分岐上部にある稜線に到着。

朝陽を受けた鯉子山(こいごやま)が目に飛び込んできました。

東に目を向ければ、南アルプスの峰々が勢揃いしていました。

朝陽を受けて輝く雲海の向こうには、南アルプスとさらにその奥に富士山が!!

【写真左が上河内岳、その横にうっすらと見えるのが富士山】

稜線を進んでいくと、恵那山の左肩から白く輝く加賀白山が見えました。

【白く見えるのが白山、右側の高いところが白山頂上】

中央アルプスをはじめ、八ヶ岳、北アルプスも見えました。

【写真中央が中央アルプス、その右奥が八ヶ岳、写真左手奥が槍穂高連峰】

シュカブラ(風によって雪面にできる波状の模様のことです。)もできています。

朝陽を受けながら稜線を進みます。

踏み後のない恩田大川入山の頂上到着。(7:50)

【写真中央奥が恩田大川入山の頂上】

頂上付近からは恵那山をはじめ、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスが見渡せました。

【写真中央が恵那山、その右に御嶽山、乗鞍岳、北アルプス】

【写真左から御嶽山、乗鞍岳、北アルプス】

帰り道、振り返ると、恩田大川入山の奥に恵那山、さらにその奥には加賀白山が見えました。

【写真中央が恩田大川入山、その左の三角の頂が恵那山、左奥に白く見えるのが白山

分岐近くまで戻ると、正面に大川入山の勇姿が見えます。今回は、羊(霧氷のついた樹木が羊に見える時期もあるのです。)はいません。

それにしても、新雪を踏む感触は心地いいです!!

稜線からの下り道では、大川入山の双耳峰が間近に見えました。

更に下ると、樹々の向こうに恩田大川入山を遠望できました。

今回の山行では、富士山、白山、御嶽山と、日本三大霊山を見ることができました!!

※日本三霊山は、富士山、白山、立山。日本三大霊山は、富士山、白山、立山もしくは御嶽山のいずれかと言われているようです。

暦はもう弥生。新雪の感触を味わいながら登られるのは、もう少しだけですね。

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

南信州地域振興局 総務管理課
TEL:0265-53-0400
FAX:0265-53-0404