南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

泰阜村は花いっぱい!

南信州農業農村支援センターのHです。

南信州泰阜村は、今、マリーゴールドが花盛りです。

【村内各地に植えられているマリーゴールド】

泰阜村では、30年ほど前から「花いっぱい運動」に取り組んでいます。

始まりは、当時、農協の泰阜支所に勤務されていた技術員の提案だったそうです。
村は「泰阜村花いっぱい運動推進会議」を立ち上げ、村民総出の行事として取り組んできました。
令和2年度は村内25地区で、道路沿いに延べ約10㎞に渡り、37,000本ものマリーゴールドが植えられています。

【上のイラストマップの、黄色い部分にマリーゴールドが植えられています。】

種蒔きから育苗まで事務局(教育委員会)で行い、定植の数日前に各地区の老人クラブに預けて、管理してもらいます。

今年は6月14日(日)に、各地区村民総出で一斉に沿道に定植を行いました。

【今年は雨中での定植となりましたが、みんなで頑張りました。】

この運動が始まった当時は、コスモスを植えていましたが、数年が経過する中で、より長く楽しめるマリーゴールドに切り替えたそうです。

泰阜村では毎年8月下旬に「ふれあいの里高原ロードレース大会」が開催されますが、残念ながら今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止されました。例年ですと、参加者の皆さんを応援するかのように、沿道のマリーゴールドが咲き誇ります。

【※ 前年度の開催要領はこちらです。⇒ https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/78772 】

「花いっぱい運動」に触発されてか?個人や団体の皆さんによる花の管理も、あちこちで行われており、村内は秋だけでなく、春から様々な花が咲き誇ります。
以下、いくつかご紹介させていただきます(花の季節は目安ですので、その年の気象により前後する場合があります)。

【3~4月:村内各地に群生する村花「かたくり」】

【4月:高町地区の「水芭蕉」】

【4月:平島田地区の「百本桜」】

【4月:柿野地区の「水仙」】

【6月:あいパーク泰阜の「ささゆり」】
あいパーク泰阜の詳細はこちらです ⇒ https://vill.yasuoka.nagano.jp/docs/2508.html

【7月:稲伏戸地区の「紫陽花」】

【7月:村内で企画される「あじさいウォーキング」】
※昨年の開催案内はこちらです ⇒ http://msnav.com/event/2019%E3%80%8C%E8%8A%B1%E3%83%BB%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%8D%EF%BC%88%E6%B3%B0%E9%98%9C%E6%9D%91%EF%BC%89

【8月:金野地区の「蓮」】

【8月:田本地区の「蓮」】

【8月:田本地区の「水連」】

【10月:高町地区の「フジバカマ」】

新型コロナウイルスで気分も沈みがちな日常ですが、泰阜村の花をご覧いただき、少しでも癒しにしていただけると嬉しいです。

そして、新型コロナウイルスの心配がなくなった暁には、ぜひご来村いただき、実物の花をお楽しみください。
※ブログに使用した写真は、泰阜村・泰阜村教育委員会・あいパーク泰阜「おより亭」から提供していただきました。(敬称省略)

【泰阜村特産品コーナー】泰阜村のお土産は、役場内にある「泰阜村特産品コーナー」にて購入できますので、ぜひご利用ください。
レアなお土産がそろっていますよ!

※土日祝日も日直の職員が対応してくれます。

このブログのトップへ