南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

おいしい記者会(10月27日開催)

地域政策課のHKです。

毎月行われる定例記者会にあわせて、「おいしい記者会」と題し、地域の特産物を実際に記者の皆さんに味わっていただき、新聞等で紹介をしていただいています。

※「おいしい記者会」の様子はこちら

 

10月にご紹介したのは・・・「市田柿もなか」です。

 

monaka1

 

大鹿村の土産物製造・販売「秋葉路」が、南信州を代表するようなお菓子を作りたいと考えていたところ、

高森町の市田柿加工・販売「天竜産業」から、市田柿(干柿)を使った”もなか”の開発依頼があり、

今回、両社による共同開発で、市田柿もなかが誕生しました。

DSC_0305

南信州の特産である「市田柿」(干柿)をペーストにして、白餡と混ぜ込んであるのが特徴です。(ペーストが約30%)

もなかの皮も市田柿そっくりに成形されていて、見た目も楽しむことができます。

特製の柿餡を皮に挟む作業は、秋葉路の従業員による手作業で行われています。

monaka2

 

食べてみると、まず1個が大きくて、ボリューミーです。

そして、サックリとした皮の中に、市田柿の風味をそのままに、上品な甘さに仕上っている柿餡が、絶妙なバランスで入っています。

老若男女、誰もが食べやすいお菓子となっています。

南信州のお土産としてピッタリの商品です。どうぞお買い求めください!

 monaka3

1箱4個入り 1,200円 大鹿村の「秋葉路」で販売中。(今後、随時販売箇所を拡大予定) 

【問合せ先】

有限会社秋葉路(あきはみち) (下伊那郡大鹿村大河原390)

1 2

このブログのトップへ