南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

夏の風物詩”飯田市時又灯篭流し”

農地整備課の中年Yです。

8月16日(木)、飯田市時又灯篭流しを見に行ってきました!!
当日は悪天候の予報でしたが、開始時刻には雨も上がり、18時40分、おごそかに天竜川へ故人をしのぶ灯篭が流され始めました。

19時過ぎからは花火も打ち上げられ、流れる灯篭と、水面に映る花火のコントラストが美しい光景を作り出していました。

時又名物「金魚花火」は、まさに水面を泳ぐようです!!

【川面を流れる時又名物「金魚花火」】

【川面を流れる時又名物「金魚花火」その2】

そして、中盤には天竜川に架けられたナイアガラ瀑布が見事に水面を照らしました。

8時過ぎからは小雨が降りだしましたが、花火に魅了された見物客は最後まで席を立たず、楽しんでいました。

これからもしばらくは南信州の夜空を花火が彩ります。夕涼みに皆さんも出掛けてみてはいかがですか!!

このブログのトップへ