南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の伝統・文化・史跡 > ~大迫力!下清内路「手作り花火」~ 南信州民俗芸能【2015秋】

~大迫力!下清内路「手作り花火」~ 南信州民俗芸能【2015秋】

地域政策課のTHです。

最近、急に冷え込みが厳しくなってきましたが、皆さんは体調は大丈夫でしょうか。

さて、以前から一度は見たい!と思っていた阿智村下清内路の「手作り花火」(県無形民俗文化財)を見るため、10月10日(土)阿智村下清内路の諏訪神社・建神社「秋季祭典奉納大煙火」にお伺いしました。

 午後6時過ぎに到着しましたが、辺りは既に暗く、提灯の灯りなどこれから祭りが始まる雰囲気がしてワクワク気分(^^)/。

午後6時半からは子ども達の太鼓演奏があり、7時から花火が始まりました。綺麗な打ち上げ花火が夜空に映し出されました。

大スターマインの後に大仕掛煙火の番になると、場内のライトが消され、ちょうど目の前で点火した火が糸を伝って走り、神社正面右手の仕掛けに着火。円盤が勢いよく火の粉を噴きながら回り、その下で火の粉を浴びながら「オイサ、オイサ」の掛け声と足踏みをする音。火の粉も眩しい光ももの凄くて、大迫力にビックリ!

その次には境内鳥居の隣にある仕掛けへまた、目の前から糸を伝って火が走り着火。同様に火の粉が降り注ぐ中、音や光の共演に、大爆発って感じがしました。 

1444738914960  1444739079861  大三国⇒ 1444738879627 

クライマックスは「大三国」の花火です。高さ10mくらい柱の先から降り注ぐ火の粉の下へ会員の皆さんが肩を組んで掛け声とともに輪を作っていきました。流れ落ちる火の粉の中、激しく足を踏み鳴らし、本当に迫力がありました。

諏訪神社と建神社の2回、奉納花火があり、同様に進みますが建神社の部では他に手筒一斉打ちなどの仕掛け花火も加わるなど内容に変化もあって、時間の経つのも忘れて「手作り花火」を観覧させていただきました。

これだけの大掛かりな手作り花火を行うには、本当に長い時間や労力が必要だと思いましたが、会員の皆さんの晴れ晴れとした表情を見るとこの達成感が最高なのかなと思いました。是非、来年も見に来たいと思いました。

また、こうした伝統文化・芸能が一年、一年と次の世代へ受け継がれるとことは本当に大切な事だと感じました。

南信州には、古来より伝承されるお祭りや芸能が各地に多くあります。皆さんも是非、実際に体感してみてはいかがでしょうか。

1444738930307

このブログのトップへ