長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 農産物・食品 > シャクヤク 生産量 日本一!<平成29年産農水省統計部調査対象外花き生産状況調査(岡山県)>

シャクヤク 生産量 日本一!<平成29年産農水省統計部調査対象外花き生産状況調査(岡山県)>

「シャクヤク」は艶やかな草姿と甘く優しい香りが特徴で、古くから美人の代名詞として親しまれている花です。

花型の豪華さから、ウェディングを華やかに演出し、春に咲く季節感を感じられる花として高い人気を誇っています。

海外での評価が高く、近年は輸出も増加しています。

ハウスでも栽培し、4月上旬から出荷が始まり、花色はピンク、白、赤が主体となっています。

出荷量は、平成29年産で長野県が352万本全国第1位(全国シェア 60.5%)で、今後も生産量が増えることが期待されています。

 

主な産地 北信、上田
出荷期間 4月~5月
生産面積 81ha

生産量

673万本

 

シャクヤク

 

シャクヤクの花言葉

シャクヤク全体「はじらい」「慎ましさ」シャクヤクイラスト

ピンク「はにかみ」、白「幸せな結婚」、赤「誠実」

白のシャクヤクは花言葉からも分かるように、結婚式での装飾や結婚祝いにプレゼントに最適です。

シャクヤクを楽しむためのポイント

1 硬い蕾は咲きづらいですが、蕾についた蜜を水洗いする、または湿らせた布で優しく拭き取ると咲きやすくなります。

2 葉が多い場合は、葉をあらかじめ整理しましょう。

3 花を咲かせるのに多くのエネルギーを使うため、鮮度保持剤(切り花栄養剤)を使用しましょう。

4 固い蕾がある場合は、湯揚げして切り戻しするのがおすすめです。

5 お店で選ぶ際は、蕾が緩くなったものを選びましょう。

シャクヤクの豆知識

1 シャクヤクは漢字では「芍薬」と書くとおり、古くから根が生薬として使用されています。

このブログのトップへ