来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本電鉄の旧塗装ラッピング列車

先日、松本電鉄の旧塗装ラッピング電車が通りかかるのを見ました。

1958年~1986年の28年間、オレンジとグレー配色の「モハ10型」という列車が運行されており、その列車を再現したようです。
一昨年開催された信州デスティネーションキャンペーンでキャンペーンを盛り上げようと復活しました。

色鮮やかでとてもかっこいいですね!

上高地線の車両の色に注目してみるとおもしろいかもしれません

 

 

このブログのトップへ