楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■アレ☆これ☆信州 > Vol66■とく☆とく信州 寒い時期に食べたい!伝統の味

Vol66■とく☆とく信州 寒い時期に食べたい!伝統の味

奈川名物「とうじそば」【松本市奈川】

松本市奈川(旧奈川村)は、市の西端にあり、標高2,000mを超える山々と五つの峠に囲まれた山里です。
飛騨地方と信州をつなぐ野麦峠を源とする奈川にそって集落が点在し、豊かな自然があふれています。


松本市では、「奈川」といえば質の高いそばの産地として有名で、高地の冷涼な風と清流、緑からなる澄んだ風土が、奥深い味と香りのおいしいそばを作ります。
そんな地で、暮らしの知恵から生まれた古くから伝わる伝統の味が、奈川名物「とうじそば」です。

「とうじ」とは、ひたし・あたためるという意味。つゆの甘い香りが立ち上る鉄鍋に、旬の山菜・きのこ・鶏や鴨肉等を入れ煮立てます。その汁の中へ子割りしたそばを、とうじかごに入れ軽くゆがいてあたため、お椀に移し汁や具をたっぷり盛り付けていただきます。つゆの旨みとほどよい温度がそば本来の味と香りを引き立て、こころも身体も芯からあたたまる名物そばです。
これから寒くなる時期ですが、奈川の「とうじそば」で暖まりませんか。お待ちしています。

ながわ観光協会はコチラ≫(パソコン用)
松本市公式観光情報ポータルサイト「新まつもと物語」≫(パソコン用)

【お問い合せ】
ながわ観光協会
電話0263-79-2125

☆関連ブログ紹介
「とうじそば」の検索結果はコチラ(パソコン用)


今回は、ながわ観光協会から
「幻の蕎麦」とも言われる奈川産のそばをプレゼント♪

プレゼント情報はコチラ≫(パソコン・携帯兼用)

1 2

このブログのトップへ