楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > Vol163■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報18

Vol163■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報18

今回は、札幌や函館の中心部を走る「路面電車」の話題です。

北海道のたからもの~北海道遺産~
未来に向かって走り続ける市民の足「路面電車」

路面電車は、札幌では1918年(大正7年)から、函館では1913年(大正2年)から運行され、昭和に入ってからの市営化に伴い「市電」として活躍してきました。どちらも「馬車鉄道」から電車化されたものであり、当時は最先端の乗り物として市内交通の中心を担っていました。


函館市電のレトロ調電車「ハイカラ號」(冬期運休)


札幌市の路面電車は市内中心部を走り、
市民の生活の足となっています。

戦後は、モータリゼーションの波に押され、函館でも札幌でも路線の縮小を余儀なくされましたが、近年では、環境問題や都市機能改善のひとつの手段としてその特性が見直され、有効な都市交通機関として再認識されてきています。

現在では、札幌・函館共に、路面電車を観光資源として位置づけたイベントを数多く行っています。12月には、札幌では貸切電車「クリスマス号」を運行するイベントが行われ、函館ではイルミネーションで飾られた「冬の夢・ひかりの電車」が運行されるなど、路面電車は寒い冬の北海道を楽しく美しく演出しています。

詳しくはこちら
北海道遺産HP(パソコン用)

☆北海道の最新情報をお届けするメールマガジン「Do・Ryoku」の登録はこちらから!(パソコン用)

☆道内各地の「旬」な話題をお届け!北海道庁ブログ「超!!旬ほっかいどう」はこちら!
パソコン用携帯用

【お問合せ先】
北海道総合政策部知事室広報広聴課
TEL 011-204-5111

☆信州まつもと空港からフジドリームエアラインズ(FDA)のジェット機で北海道へ行ってみませんか。
信州まつもと空港についてはこちら(パソコン用)

このブログのトップへ