い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > ★きらり!消防団員さん★箕輪町消防団 小河 直基さん

★きらり!消防団員さん★箕輪町消防団 小河 直基さん

みなさんこんにちは(*^-^*)

上伊那消防協会のR子です\(^o^)/

上伊那地域の消防団員さんを毎月おひとりずつ紹介する大人気コーナー「★きらり!消防団員さん★」

第7回目は、箕輪町消防団 小河 直基(おがわ なおき)さんです(#^^#)

 

【箕輪町消防団夜警激励会】

小河さんが平成31年1月15日(月)箕輪町役場で行われる「平成30年度箕輪町消防団夜警激励会」に出席されるとお聞きしたので、早速伺いました。

寒風の吹く中、午後7時過ぎ、役場駐車場で分団長以下80名の団員に対し、町長、団長、交番所長、消防署長が、昨年12月から実施されている消防団の「夜警」の苦労をねぎらいました。

 

「激励会」終了後、小河さんに道案内をしていただいて、第6分団詰所でインタビューをさせていただきました

質問①:消防団に入団して何年になりますか?

回答:14年目です!

 

質問②:消防団に入団したきっかけは?

回答:きっかけはやっぱり地元の先輩方から勧誘され、自分が長男なので入るのが当たり前だと思っていたからです(”◇”)ゞ

 

質問③:普段どういった活動をしていますか?

回答:機関の手入れ・広報活動です。また、春と秋の訓練と夏には操法大会に向けた機関操作訓練をやっています。

 

質問④:入団する前の消防団のイメージは?

回答:身の回りに火災なども無かったから、目に見える形で消防団がどんな活動をしているか知りませんでした。

 

質問⑤:消防団としての1番の思い出は?

回答:平成24年に県の消防操法大会で箕輪町が優勝したことヾ(@⌒ー⌒@)ノ

災害では平成18年7月に起きた豪雨災害です。自分も出動して土石流が起きるのを目の前で見ています。

 

質問⑥:あなたが考える「消防団」とは?

回答:難しいですね。。。。。

地域に根付いた地域住民のために活動する団体です。

 

質問⑦:ブログ「い~な上伊那」を見ている方に一言。

回答:消防団を取り巻く環境が昔と今では変わってきている中で、少しでも興味を持っていただいて、一緒に活動ができていけたら楽しくなりますしうれしいです。

 

インタビューにお答えいただいた小河直基さんは14年間消防団員としてご活躍され、分団長はじめみなさんから信頼される心強い存在です。

 

【第6分団のみなさん】

後列左から水利部長 丸山勝美さん、副分団長 田澤潤さん、(ゴリラの被り物)班長 小林正季さん、分団長 清水健二さん
前列左から誘導部長 小河直基さん、機関部長 村木伸也さん、班長 矢島寛之さん

みなさん素敵な表情ですね(#^.^#)

 

ワ~オオオオ!!!!!

お・お・お願いだからやめてくれぇぇぇー

これでどうだ~ 

助けてくれーーー((+_+))

 

消防団活動が終わって仲間と過ごす時間は、緊張がほぐれ打ち解けあえる楽しいひとときなんですね!(^^)!

こんなにも楽しい時間があるなら、消防団に入りたくなりますね(#^^#)

みなさんが和気あいあいと過ごしている様子に、心の中がポカポカと温かくなりました
( *´艸`)

 

心を一つに仲間と築いた絆は、災害現場でも大きな力となっていくことでしょう(#^.^#)

 

次回、3月は中川村の消防団員さんをご紹介しますのでお楽しみに(^_-)-☆

このブログのトップへ