い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 林業遺産”進徳の森”の今を知ろう!(その1)

林業遺産”進徳の森”の今を知ろう!(その1)

上伊那地域振興局林務課のKです。

この5月29日に林業遺産に認定された「進徳の森((しんとくのもり)と
中村弥六(なかむらやろく)の関連資料群」。

1

 

 

 

 

 

 

 
「進徳の森」は植栽されてから100年を数えるというとても貴重な森です。

しかし、ここ20年来、詳細な調査が行われていません。

そこで、林業遺産認定を契機に、改めて現在の状況を把握して記録し、
多くのみなさんとその情報を共有する目的で、6月18日に調査を開始
しましたので、その様子をお知らせします。

【「進徳の森」の調査編】

午前中、「進徳の森」の調査に集まったのは、
伊那市役所から耕地林務課、高遠町総合支所、そして教育委員会。

県から、「しあわせ信州創造プラン2.0 美しく豊かな
木と森の文化の再生・創造プロジェクト」事務局、
林業総合センター指導部、地域振興局林務課。

そしてなんと、地元の高遠小学校の6年東組、西組のみなさんも合流。

高遠小学校の6年生は、「進徳の森」を一度も訪れたことがない
という児童もいるということで、今日はみんなで見学に来たとのこと。

1 2 3 4 5 6

このブログのトップへ