じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > 行ってきました、こどもカフェ!その6上田市長瀬「こどもレストランきらっと」

行ってきました、こどもカフェ!その6上田市長瀬「こどもレストランきらっと」

こんにちは、総務管理課のぶんぷくです。

新型コロナ感染拡大防止の影響で、日本全国にある多くの子供食堂が開催休止となっておりました。上小地域の信州こどもカフェも前回このブログでアップした2月を最後に、苦渋の決断をされたところがほとんどでした。

始められる兆しが見えてきた6月6日(土)、『こどもレストランきらっと』にお邪魔してきました。『こどもレストランきらっと』は「行ってきました、こどもカフェ!」シリーズの初回に伺ったこどもカフェです。

行ってきました、こどもカフェ!その1 上田市長瀬「こどもレストランきらっと」

こちらは3月に「休校の子に居場所を」と平日の日中、『こども支援レストラン』を行っていました。いち早く感染防止対応をされていたので、その対策も含めてご紹介します。

まずは出入り口の掲示物。

感染拡大防止のためのご協力をお願いしています。以前は午後3時まで開催していましたが、時間を短縮しての開催です。会場の出入り口でまず体温のチェック!

ちゃんとおでこを出して検温をしてもらっています。体調確認、手の消毒を行っていざ入場‼

みんな変わらず元気です!楽しいことが始まるワクワク感が伝播して、こちらも楽しい気持ちにさせてくれます。

この日は丸子テレビも取材にいらしていました。

通常の開催では参加募集人数は50~70名ですが、最近は20~25名としています。また、通常の室内遊びだけではなく外遊びや散歩も加え、分散化の工夫をされていました。

駐車場でのロードトレイン。実は大人にも大人気

 てくてく歩くこと15分位?どちらに向かったかというと・・・

夢のような景色が広がっていました!個人のお宅ですがバラを丹精込めて育てていらっしゃり、あまりの見事さに毎年拝見させていただいているそうです。ここまでにするのに、どれだけ時間と手入れがかかっているのでしょうか。この後お庭の中に入ったのですが、「何種類あるの??」とみんな興味津々でした。

その頃、室内に残っているメンバーは・・・

順番でピザ作り!

1 2 3

このブログのトップへ