じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > じょうしょう気流が世界に羽ばたきました!FM長野「しあわせ信州ナビゲーション」に出演

じょうしょう気流が世界に羽ばたきました!FM長野「しあわせ信州ナビゲーション」に出演

こんにちは、総務管理課のアルクママです。

2019年10月11日に、さくたろうさんとアルクママはFM長野の「BestStyle!(しあわせ信州ナビゲーション)」に出演し、ラジオデビューを果たしました!

県の担当者から「上田地域振興局でしあわせ信州ナビゲーションに出演してください」と依頼があり、何のテーマにしようかと考えた時、上田地域振興局と言えばもはや伝統となりつつあるこのブログ「じょうしょう気流」の紹介でしょ!ということで、さくたろうさんも巻き込んで出演することになったのです。

そして、「上田地域のブログがアツい!じょうしょう気流を巻き起こせ!」
という素敵なテーマを担当のTさんが考えてくれました。

生出演することを決心してから、緊張のあまり眠れない日々を過ごしたさくたろうさんとアルクママ。(ウソです。夜はぐっすり寝ていました。)
しかもラジオなのに「何着て行く?」とか「肌に合うファンデーション使わなくちゃ。」とか、しょうもないことにばかり気になる2人。

さていよいよ本番の日、パーソナリティの最上さんとディレクターの村田さんが温かく迎えてくれて、フレンドリーな雰囲気の中、緊張しつつもリラックスして(どっちだ?)臨むことができました。
しかも最上さん、可愛いぃぃ
アルクママの相棒アルクマも可愛い最上さんと一緒に写真を撮ってもらいました。

スタジオにはディレクターアルクマもいたので、一緒にぱちり。

そして、うちのアルクマもディレクターの真似をしてみました。

さて、まずはリハーサルです。
さくたろうさんとアルクママは2人で台本を読み込んでいったのですが、最上さんから「台本を読んでいるような感じには私がさせません!」との頼もしいお言葉が。
その言葉どおり、リハーサルでは話が盛り上がりすぎて本番はもうちょっと短めにということになりました。

リハーサルが終わるとBestStyle!の本番は始まるのですが、我々が出演する「しあわせ信州ナビゲーション」コーナーまで30分ほど時間があるので、しばし待機です。
(その間、我慢できずに番組の中で紹介する富士アイスの「じまんやき」に手を伸ばすほどリラックスしているさくたろうさんと担当Tさん。)

そうこうしているとあっという間に本番です。

番組では「じょうしょう気流」の名前の由来、名物ライターの紹介、そして人気の記事である富士アイスの「じまん焼き」の試食をしてもらいました。

本番は緊張のあまり訳が分からなくなることもなく(さくたろうさんとアルクママは2人でずっとそれを懸念していた)本当に最上さんのお陰で楽しかったです。

さくたろうさんも、「最上さんと楽しくお喋りしてたという感覚で、ラジオで放送されてた感覚がなかったです!とても良い経験となりました!」と、楽しめたそうです。(リハーサルから手汗で原稿が湿っていたこと、アルクママはしっかり見てましたよ。)

アルクママ、「FM長野の生放送だったらその時間に長野県内でしか聴けないよね。」と高を括っていたのですが、今の時代は、radikoでどこでも聴けるんですねー。しかもFM長野のホームページのアーカイブでいつでも聴けるんですねー。
ついに世界に羽ばたいたじょうしょう気流!?

ということで、番組の内容は

http://fmnagano2.com/beststyle/archives/1439 からお聴きください。

番組の中でもお伝えしましたが、今回ラジオに出演しなかったライター一同、これからも「上小地域」の魅力を発信していきます!

このブログのトップへ