じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > お客様との「おいしい関係」を大切に~「キッチン ぷちらぱん」 お店紹介 上田市海野町商店街36 

お客様との「おいしい関係」を大切に~「キッチン ぷちらぱん」 お店紹介 上田市海野町商店街36 

みなさん、こんにちは。
商工観光課のKです。

本日、ご紹介するお店は、上田市海野町商店街に4月に移転オープンしました
「キッチン ぷちらぱん」です。

CIMG7057

お店の名前は、フランス語から来ています。
フランス語で、「小さなうさぎ」という意味だそうです。
そして、あえて平仮名にして「誰にでも読めるように」

という配慮の下、 命名されました。

お店が原町の商店街にあったころ、近くの清明小学校のかわいい子どもたちが
看板を「ぷ ち ら ぱ ん」と声を出して読みながら歩いていたんですって!

(覚えたての字を読んでいたんでしょうね
誰でも読めるお店の名前、基本ですよね!

あと…もう一つ。以前、今から20年前くらいに「おいしい関係」というドラマが

放送されていて、その中で唐沢寿明演ずるシェフの理念に共感した…ということもお店の名前に影響しているとのことです。その理念とは「お客様の笑顔を見たいから、美味しいものを作りたい。お客様から『ぷちらぱんに行けば何か美味しい物を食べることができる!』そんな風に言われる店にしたい」というものです。

唐沢寿明演ずるシェフが働いているお店の名前が「ぷちらぱん」だったそうです。

(ドラマのお店の名前は、正しくは「プチ・ラパン」:ちなみに共演は中山美穂・1996年放送)

「いつかお店を開く時は、その名前にしたいな~

と「キッチンぷちらぱん」の風間オーナーシェフは思っていたそうです。

CIMG7051

気さくな風間オーナーシェフです。お店の名前由来などいろいろお話いただき、ありがとうございました。

1 2 3 4 5

このブログのトップへ