じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 林務課 > 『掛木処理安全講習会』が開催されました。

『掛木処理安全講習会』が開催されました。

こんにちは。長野県上田地域振興局林務課のYです。

今回は、青木村村松西で行われた、『掛木処理安全講習会』の様子をお伝えしたいと思います。

11月15日に、村松西地区里山整備利用協議会が山から薪ストーブの薪材を取るため、広葉樹を伐倒するにあたり、掛木が予想されるので、安全に処理を行う講習会が行われました。

まず、現場に入る前に安全ミーティングを行い、現場で「ヒヤリ・ハット」する危険因子の洗い出しを行い、リスク低減対策を考え、作業に入りました。

安全講習では、今年度、里山資源利活用推進事業で購入したロープウインチや運搬車等を活用し、安全に作業が出来るようになりました。

会では、昨年切って乾燥した薪を、会員に販売し会の運営資金にし、薪を買った会員は薪ストーブで燃やし、家族を温めてくれることでしょう。

この地域では、このような活動を通して、里山の利用及び再生が図られています。

このブログのトップへ