じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

秋といえば紅葉狩り!!

こんにちは。森暮らしのねってぃです!!

朝晩が冷え込む季節になりましたね!

秋といえば、「読書の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」とたくさんのことを連想しますが、

もっぱら私は秋といえば「紅葉狩り」です。

色鮮やかな森林は写真が映えますからね笑

そこで今回は、秋に紅葉が楽しめる木を紹介します。

 

まず、長野県の森林といえば、カラマツ林は外せないですよね!!

同じ樹種が一斉に色づき、黄金色に変わる様は人工林ならではですね。

実は、紅葉が楽しめる落葉針葉樹は珍しく、日本に自生する落葉針葉樹はカラマツしか私は思いつきません!

上田地域の周辺の人工林はカラマツが多いので、色々なところで楽しめますよ!!

カラマツの紅葉(上田地域のどこかの山道にて)

 

 

長野県の県木、皆さんはわかりますか??

そう「シラカバ」です!

シラカバの名所といえば、その名のとおり「白樺湖」周辺ですが、残念ながら上田地域ではありません。

ですが、、菅平高原にある四阿山・根子岳でも楽しめますよ!

白い樹皮に黄色葉っぱ

レフ版顔負けの光量です!

シラカバの紅葉(根子岳へ向かう道中)

シラカバと東屋(四阿山山麓にて)

 

最後に紹介するのは、「ナナカマド」です。

名前の由来が「七回かまどに入れても燃えない」と言われるほど耐火性が強い木なんですが、

ナナカマドの紅葉は、まるで燃えているかのような濃い朱色なんですよ。

標高が高い稜線で見ることができるイメージですが、そこまで行くのは大変💦

でも安心してください。

東御市の烏帽子岳~篭ノ登山はどれも車で2000m付近まで行けるのでとてもお手軽ですよ!!

ナナカマドの紅葉(東御市のどこかの登山道)

紅葉しはじめのナナカマド(どこかの登山道)

 

 

 

さあ、今年はどこの紅葉を堪能しようかな??

標高差が激しい長野県は、9月と11月で見れる場所が違うのも魅力の一つ。

自分だけの穴場がきっと見つかるかも??

紅葉と雪(太郎山)

管外ですがカラマツ・シラカバ・ナナカマドの3ショット(松本市焼岳の道中)

このブログのトップへ