じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

突撃潜入取材! その① 上田点字図書館

こんにちは!最近、ボッチャが気になって仕方がない総務管理課Kです。

私たちが勤務している上田合同庁舎の看板に、「長野県上田点字図書館⇒」という看板がつながっています。

でも、点字図書館? どこにあるの?? ボッチャと同じくらい気になります。

 

 

上田合同庁舎の南側の小路を進んでいくと、合庁の東隣に、平屋の奥ゆかしい感じの建物があります。
それが、「長野県上田点字図書館」です。

 

静かな建物です。ちょっと勇気を出して、点字図書館ってどんなことをしているところか教えてもらってきました。

 

点字図書館は、どんなことをしているところですか?教えてください。

―――視覚障がい者のための図書の制作・貸し出しをしています。

 

点字の本のことですね?

―――はい、点字の本ももちろんですが、デイジー図書という録音図書(CD)もあります。現在おおよそ、点字の本は、38,000冊、デイジー図書は、6,000冊あるんですよ。

 

 

 

わぁ、こんなにたくさんあるのですね?

―――その中から、1年間に、点字図書は 約6,000冊、デイジー図書は 約10,000冊を貸し出しています。毎日たくさんのリクエストがあります。点字の本は丈夫な郵送袋に入れて、CDは専用のケースに入れて日本各地へ発送しています。

 

 

《実物を見せていただきました。宛名は、もちろん借りる方の住所とお名前が書かれていますが、ひっくり返すと点字図書館の住所が書かれているので、目の不自由な方にも便利!工夫されています。》

1 2 3

このブログのトップへ