じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > ~信州上田たろうフェスティバル~

~信州上田たろうフェスティバル~

商工観光課のしらり~です。

9月9日(日)に上田青年会議所の皆さんが中心になって、上田地域の魅力を多くの人に知ってもらおうと“信州上田たろうフェスティバル”が上田市のサントミューゼで開催されました。

    
右の写真は、上田市原町に6月にオープンした“風船ぼうや”さんが作ったぶどうです。このぶどうは全部、風船でできています。素敵ですね

    
サントミューゼの芝生公園は県内のグルメを食すことができるブースでいっぱいでした。上田地域からは美味だれ焼き鳥や地鶏真田丸、太郎ポーク、東御市産の焼きとうもろこし、地酒などがあり、地元の「食」の魅力をアピールしていました。ハーバリウムの手作り体験コーナーなどもあり、自分なりの作品を作って楽しんでいる方もいらっしゃいました。
しらり~は長和町の「SMILE結絆(ゆうき)」のキッチンカーを見つけたので行ってみました。
  
キッチンカーの前には農薬を使わずに有機栽培で作った“フルーツニンジン”と“ペコロス”という、ちっちゃな玉ねぎの販売もしていました。写真の端にしか映っていませんが、このミニトマト金魚すくいならぬトマトすくいで、小さめのとって付きのざるですくって袋に詰め放題ができるコーナーだったんです。子供たちは楽しんでいました
さて私は、夏野菜のカレーうどんもすごく気になったのですが、ニンジンスムージーを飲んでみました。凍らせたニンジンと何やら液体をミキサーへ投入!ニンジンが凍っているのでゴゴゴゴゴッゴゴゴゴゴッと豪快な音を立ててシェイクされていきます。出来上がったのはこれ↓↓↓

ニンジン臭さがなくフルーティーでおいしいあれは、魔法の液体だったのかな。

初の「信州上田たろうフェスティバル」ライブステージなどもあり、大勢のお客さんとともにとても賑わっていて大盛況でした

このブログのトップへ