じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 農政課 > 希少なりんごのお菓子を発見!「パティスリー ヴァールマタン」

希少なりんごのお菓子を発見!「パティスリー ヴァールマタン」

農政課のNです。
花咲か三歩さんやCOさんが、上田城の桜の開花情報をお伝えしてきましたが、
そんな美しい桜を横目で見ながら、私は花より団子ならぬスイーツにまい進しておりました。

このお店「ヴァールマタン」さんは、3月末まで奏龍みそを使ったお菓子を提供していて、取材をする予定だったのですが、
他のお店が店頭でお菓子を購入できたのに対し、「予約制のアフタヌーンティーセットをカフェスペースでいただく」という企画だったため、何度か予約にトライするも叶わぬまま(きっと人気があったんでしょうねface02)イベントが終了してしまいました。

それでもどんなお店で、どんなお菓子があるのか気になり、とある夕方、仕事帰りにお邪魔しました。
お店の外観は、こんな感じの造りです。

ケーキの王道(?)、アップルパイとチーズケーキをお買い上げ。
アップルパイは、りんごそのものの味が楽しめる素朴なお菓子で、素材には酸味が強い紅玉がよく使われますが、このパイに使われているりんご「ピンクレディー」は、シャンパンのような風味と評されるだけあり、淡い酸味と甘みが上品な味わいでした。


ちなみに、この「ピンクレディー」ですが、店長さんにお聞きしたところ、上田市内の清水さんという農家さんが生産しているもので、時季になると上田菅平インター近くにある農産物直売所「JA信州うえだ直販センター『食彩館』」の店頭にも並ぶそうです。

また「ピンクレディー」は、「日本ピンクレディー協会」の会員にしか栽培が許可されていない品種で、協会の会長さんが安曇野市の農家さんであることもあり、会員名簿を見ると栽培農家は、長野県内の農家さんが多いようです。
生産量は、りんご全体の1%に満たないようですので、めったに食べることのできないものだったのですね。

チーズケーキは濃厚過ぎず、軽過ぎず、ちょうどいい感じの甘さとコクがおいしかったです。
これだけ食べたら、もう夕食は抜き。こんな食生活、健康診断の数値が気になる皆さんは真似しないでくださいね。



住 所:上田市古里743-1
電 話:0268-23-0420
定休日:火曜日、月曜不定休
地図はこちら↓↓↓

このブログのトップへ