じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 環境課 > ごみ無し地蔵~上田市真田町大日向区(国道144号退避所)に降臨!

ごみ無し地蔵~上田市真田町大日向区(国道144号退避所)に降臨!

みなさん、こんにちは!上小地方事務所環境課のKYです。

上小地域廃棄物不法投棄対策協議会(注)では地元の上田市真田町大日向区との協働で「ごみ無し地蔵」の設置を10月27日に行いました。

平成15年に長和町で始まった「ごみ無し地蔵」の設置ですが、今回で上小管内22体目のお地蔵さんです(上田市では4体目、真田地域では2体目です。)。

真田地域に限らず、待避所(チェーン脱着場等)が設けられている場所では、残念なことにゴミのポイ捨てが後を絶たず、地元の悩みのタネになっています。

真田地域では、昨年5月に入軽井沢区の退避所にお地蔵さんを設置したところ、ゴミのポイ捨てが減少した、とのこと。

その評判が大日向区にも届きましてね。大日向区の自治会の方々のご協力、真田地域自治センターのご尽力により電光石火の設置と相成りました。

設置式には多くのマスコミの方にいらしていただき、想定外のことが多々あり、事務局ばかりでなく区長さんも真田地域自治センターもアドリブ対応をせざるを得ない状況でして・・・

「もっと違う服装で来るんだった。」とボヤいたのは大日向区長の大久保吉志さん。

自治会長1

テレビカメラを前にしてのロングインタビュー。想定外の出来事でした。

 

区長さん2

続いて区長さんにインタビューしているのは、上田市立北小学校の児童3人。(写真右端)

小学生の「職場体験」で東信ジャーナルの記者さんと一緒に取材に訪れました。

 

区長さん3

大日向区の方々に伊藤環境課長が加わり記念撮影。あ、写真後列左端が環境課長ですよ。

上記のメンバー全員(プラス上田市真田地域自治センター)で看板の杭打ちを行いました。

さらに、北小学校のちびっ子記者2名が飛び入りで杭打ちに参加。

お一人おひとりの杭打ちシーンを掲載したいところですが、事務局の写真の出来・不出来に差がありすぎますので、代表で区長さんの写真を掲載させていただきます。

区長さん10

地域の皆さまに愛されるお地蔵さんになりますように!

 

追伸:設置式から2週間後、菅平方面に出向く仕事がありまして、帰路、お地蔵さんに再会しました。

jizou1

1 2

このブログのトップへ