じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上田駅を彩る10万球のイルミネーション

上小地方事務所のT-BOXです。師走に入り、上田駅を行き交う通勤・通学の皆さんの表情も心なしかせわしげです。そんな上田の玄関口、上田駅お城口広場が12月9日から赤や緑のイルミネーションで彩られています。

uedast

このイルミネーションは、地元の商店街振興組合などでつくる「信州上田灯りの祭典実行委員会」の皆さんが実施しているもので、毎日午後5時から10時までお城口広場の木々や各所に設けられた10万のLEDが輝きます。

kyoujouuedaeki

真田氏の「赤備え」をイメージした「赤」やさわやかな「緑」、凛とした信州の冬をイメージしたであろう「青」や「白」のイルミネーションは、幻想的で華やかです。また、六文銭をはためかせた電光の白馬や足下に六文銭が映るスポットもあり、大河ドラマ「真田丸」の放映を待つ上田の街を美しく盛り上げています。

uma2

 midori

rokumonn2

「信州上田灯りの祭典」は2月29日まで。冬の上田の風物詩を大勢の人に楽しんでいただきたいと思います。

このブログのトップへ