じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 歴史 > 水と巡る旅日記「夏休み水の勉強会@菅平ダム」

水と巡る旅日記「夏休み水の勉強会@菅平ダム」

こんにちは! 農地整備課の水ノ恵です。

菅平ダムなどで行われた「夏休み水の勉強会」に参加してきました。

この勉強会は上田市の豊殿地区合同水土里会(ほうでんちくごうどうみどりかい)※1の皆様が、菅平ダムによってもたらされる水の恵みを、地域の小学生に知ってもらいたいと、毎年水の日にちなみ8月1日に開催しています。

今年は、豊殿小学校の4年生を中心に19名の皆様が参加し、普段見られないダムや発電所の内部、頭首工※2を見学し、たくさんの「へぇー そうなんだ!」を学びました。

菅平ダムによってもたらされる水は、およそ6千世帯分の電気に加えて、上田市の千曲川右岸側の大部分の農地を潤し、11万人あまりに水道水を供給しています。このような勉強会が開催され、自分たちが住む地域の縁の下の力持ちを知っていただく機会はとても大切です。

豊殿地区合同水土里会の皆様、どうもありがとうございました。

これからもこのような素晴らしい活動を続けてください。

※1豊殿地区合同水土里会:地域の農業者の皆様などが参加し、農地や農業用施設の保全管理などの活動をされています。
※2頭首工:河川から農業用水を取り入れるための施設です。

  

ダムの中って暗くてひんやりしてるね       すごい勢いで回ってる!!

  

田んぼの水がこんなに遠くから来てるなんて    夏休みを使って他のダムにも行ってスタンプ集めるぞ!!

知らなかった

ダムスタンプラリーのご案内はこちら

このブログのトップへ