じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上小地域の自然・水・渓魚の魅力!

はじめまして! 上田水道管理事務所の「自然を愛するS.A.」です。

最近の朝晩はめっきり涼しくなって過ごしやすいですね。着実に秋に向かっていることが伺えます。そんななか、私も含めた渓流釣り師はこの時期、哀愁の念を醸し出します。

渓流釣りは基本、渓流魚が産卵する10月から春先(漁協による)まで、資源保護のため禁漁期になるためです。

ということで、今年度、初めて上小地域で生活してきて、この夏の釣果をちょこっと紹介します!

場所は、私たちの水道水の水源の千曲川の支流である依田川上流の長和町周辺。管轄の上小漁協の漁協券を用意し(釣具屋や場所によってはコンビニでも購入可)、いざ川へ。

こんな雰囲気な場所。(依田川上流長和町周辺)

今期の私は魚の疑似餌である「ルアー」で釣りする、ルアーフィッシャーマン。いろいろ粘って、そうこうするうちに出てくれました。

 

渓流魚の代表格であるイワナ(ニッコウイワナ)です。端麗たる魚体、宝石のようとも言われたりします。アベレージサイズ。

 

こちらはヤマメ。別ポイントで。ちびヤマメですが、5㎝程のルアーにもしっかり出てくれました。渓流の女王と呼ばれるだけあってとっても綺麗です。

 

そこからさらに上流に上ると今期自己ベストサイズが出てくれました!

ぎり尺サイズにはいかないですが体高がある28cm。ひれピン。

とキリがないので…

 

釣りは大自然に溶け込み、自然と遊び、学ぶとってもいい機会だと思います。

しかし、同時に自然の中にお邪魔しているわけですので、遊漁券の購入・乱獲・過度な場荒らし・ゴミのポイ捨てをしないなどのマナーは絶対に気を付ける必要があります。

イワナをはじめとする渓流魚は水質が非常に綺麗で自然豊かな環境でしか生活できません。釣り師はこうした自然を知り、守り、人一倍感謝することも求められているかもしれませんね。

 

 

こうした渓流魚が住む豊かな自然の恵みをダイレクトに享受しているのが水道水ではないでしょうか。日々の水道水の起源は豊かな自然環境です。美しい自然環境に感謝して、水の恵みを未来に繋いでいきたいですね。

そして、ぜひ上小地域の渓流の世界にも興味を持ってもらえれば幸いです!(^^)!

 

と今回はこんなところで。気が乗ったら次は山野草のことでも、徒然なるままに。。

 

↓管轄漁協のHP↓

上小漁協URL:https://www.josyogyokyo.com/

おわり。

このブログのトップへ