じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 上小地域のお菓子⑨ -かりんとうまんじゅう-

上小地域のお菓子⑨ -かりんとうまんじゅう-

 商工観光課のF1号です。

 上小地域のお菓子を紹介するシリーズ。今回は、上田市にあるお菓子屋さん信濃路うさぎやかりんとうまんじゅうです。

 うさぎやさんは、戦後の創業で、これまでご紹介してきたお菓子屋さんより新しいお店ですが、ここで作っているお菓子は、駅や上田の観光地にあるお土産屋さんで人気です。くるみやそばなど、この地域の特産品を使ったお菓子が多く、一番有名なのは「くるみそば」です。これは、餡子をそば粉の皮で包み、クルミをまぶしてあります。

 私は、くるみそばも飽きがこなくていいとは思うんですが、「かりんとうまんじゅう」がお勧めです。これは、小豆の餡子を黒砂糖を混ぜ込んだ皮に包んで、それを油で揚げたものです。皮がカリカリで、もちろんかりんとうほど硬くはないですが、歯ごたえがあって、普通の柔らかい皮のまんじゅうとは感じが違っていいです。

 写真のパッケージのキャラクターは、うさぎやさんの上田中央店がある「うえだ原町一番街商店会」のオリジナルキャラクターで、真田幸村がモデルなんだとか。着ぐるみもあるんです。


信濃路うさぎやの場所(工房本店)
 住所:上田市国分1-1-2
 電話:0268-22-2584
 地図:

このブログのトップへ