じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 農産物 > 奏龍(なきりゅう)味噌の美味なラーメン2013年版 3

奏龍(なきりゅう)味噌の美味なラーメン2013年版 3

 上小地方事務所のF森です。

 上田市武石(たけし)地区の大豆を使って上田市丸子の「大桂商店」が作ったおいしい味噌奏龍(なきりゅう)」。これを使ったラーメンの紹介シリーズ。3回目です。 前回まではこちら → 1回目 2回目


 今回お邪魔したのは、上田市の上田創造館の上段にある熊人(くまじん)」。グルメサイトを見ると多くの人が高い評価をするこだわりのお店です。
 この店は、昨年も奏龍味噌を使ったラーメンを出してくれましたが、今年は、同じ味噌を使いながら全く異なるラーメンを提供しています。その名も奏龍トマト味噌拉麺 和牛仕立て
 出てきたラーメンを見ると、パセリに炒り卵、牛の焼肉などが上から見えます。赤茶色のスープ。麺をスープの中から出してみると中太麺。スープは、イタリアンのトマトソースに味噌が入ったという感じですね。トマトスープのラーメンは、サラッとしたスープが多いですが、これはトロっとしているっていうか、パスタにからめるソースのよう。スープをすくって飲んでも味噌の香りは強くはしないのですが、麺を食べるとき、味噌のいい香りが鼻に入ってきます。メニューには「和風であり、イタリアンであり、美味しくもある」と書かれていますが、まさにそんな感じ。

 牛の焼肉も結構な枚数が入っています。タマネギ、ピーマンがシャキシャキしています。
 スープの意外なおいしさに感心するんですが、この店はやはり麺がおいしい。前回ご紹介した「亀屋」と同様、粉にもこだわっていて、しかも自分で石臼で挽いた粉を使った麺もあります。このラーメンも石臼挽きの麺にもできるんです。昨年の奏龍味噌ラーメンをいただいたときは、確か「ユメカオリ」か「伊賀筑後オレゴン」という小麦粉の麺をいただいた記憶があります(3枚目の写真)。

 ラーメンが出てくるのを待っている間に出されたのが「ユメカオリ」の実を塩炒りしたもの。小麦を炒ったものを初めて食べました。コリコリしていておいしかったです。隣のテーブルにいた男性が「ビールが飲みたい」と言っていましたが、まさにそのとおり。

 このお店、麺にもスープにもこだわり、そしてチャーシューやメンマも工夫しています。メニューは、醤油味、味噌味がそれぞれ複数あり、「カレー拉麺」など創作メニューも。最後の写真は「薄口醤油拉麺」。こだわりにはハンパでないものを感じます。
 店名に「拉麺酒房」と入っていますが、日本酒もいろいろな種類が置いてありました。昼しか来たことがないのですが、座ったカウンター席の目の前に「奏龍」という純米酒の一升瓶がありました(この酒についてはこちらのブログで紹介しています)。

  ↓↓↓ お店の場所はこちら ↓↓↓


熊人
 住所:上田市上田原1588-4
 電話:0268-26-1713
 地図:

このブログのトップへ