じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > メゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキのスモーキーリエット

メゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキのスモーキーリエット

こんにちは、総務管理課のアルクママです。

商工観光課のTさんから情報をいただいた、長和町のメゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキのスモーキーリエットを紹介します。

メゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキは、標高1,500mの長和町姫木平高原の気候を活かし、信州産太郎ポークを原料に、生ハムやサラミといった加工食品の製造・販売をしています。
「スモーキーリエット」は、生ハム製造等の工程作業でロスとなる部位についても余すことなく使おうといったアイデアから生み出された商品です。

4月に紹介した長和町の「チョウザメの冷燻スモーク」も販売している地域ハイブランドサイト「Terroir MENOKAMI」の他、長和町道の駅マルメロ ながわ特産品ショップ「とびっ蔵」などで購入できます。

お酒のお供にいかが?~長和町の黒曜の水で育った「チョウザメの冷燻スモーク」~

さて、さくたろうさんと庶民代表アルクママが「ところでリエットってなに???」と話していると、大阪府民の憧れ!?大阪北摂エリア出身のぶんぷくさんが「リエットというのは豚肉をペースト状にしたものだけど、お店によっては食感を残したりするのよ。」と教えてくれました。(ちなみに大阪北摂エリアとは大阪府北部のことで、住みたい場所・高級住宅地のイメージがあるエリアのことです。)

さて、早速バゲットに塗っていただいてみます。

「お酒もってきて-!!!」
(語彙力がないアルクママは、前回のチョウザメの冷燻スモークの時と全く同じ感想。今回も実際にはお酒は飲んでいません。)

通常のリエットは白ワインで煮込むのですが、こちらのワインは赤ワインで煮込んでいて、かすかに渋みがあります。

食感はツナやコーンビーフのようで、塩味がしっかりしているので、パスタにも合うそうです。
庶民代表アルクママは、ツナサンドのような感覚でバゲットにがっつりサンドして食べてみました。
これ、キュウリやトマトなど季節の野菜との相性もいいかも。いろいろなレシピを考えるのも楽しくなりそうです。

皆様も是非お試しください。

このブログのトップへ