じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

出張!新野の盆踊りワークショップ in 上田

こんにちは、総務管理課のアルクママです。

7月ですね。夏祭りの季節ですね。
そう言うアルクママは、毎年7月は上田合同庁舎連で参加する上田わっしょいと、地元で参加する祇園の準備や本番でへとへとになっています。

さて、そんな夏祭り目白押しの上田地域ですが、「新野(にいの)の盆踊り」のワークショップが開催されるという情報をいただいたのでご紹介します。

「新野(にいの)の盆踊り」とは

南信州の奥地(下伊那郡阿南町新野)で500年以上前から受け継がれ、国の重要無形民俗文化財に指定されている祭りです。

盆踊りといえば、笛や太鼓などの楽器に合わせて踊るのが一般的ですが、「新野の盆踊り」は、音頭取りの「音頭出し」と踊り子の「返し」による肉声だけで進められる素朴な盆踊りです。

毎年8月14日の夜から17日の明け方まで毎晩、商店街の中央に組まれたやぐらの周りで7種類の踊りを次々と変えながら踊り明かします。

 

今回情報を提供していただいた新野高原盆踊りワークショップ実行委員会では、昔から続く伝統文化と仏様(ほとけさま)を大切にする心を後世に残したい、広く新野(にいの)を知ってもらいたい、そんな想いからワークショップを開催しているそうです。

今回は会場となる劇場兼ゲストハウス「犀の角」とのご縁から、上田で開催する運びになったとのことです。

皆様も夏祭りの季節に、日本の伝統文化に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

【開催概要】
名  称:出張!新野の盆踊りワークショップ in 上田
日  時:2019年7月6日(土)14時~16時 ※開場は13時30分
会  場:犀の角 1F カフェスペース
長野県上田市中央2丁目11-20
参 加 費:500円(ワンドリンクオーダー制)
予  約:不要(当日直接会場にお越しください)
アクセス:北陸新幹線・しなの鉄道・別所線「上田駅」より徒歩10分

1 2

このブログのトップへ