じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > ワインレストラン号(その3)~しなの鉄道~

ワインレストラン号(その3)~しなの鉄道~

皆様、Y林@地域政策課です。

 前回、前々回に続いて、ワインレストラン号の続編です。

 東御市の田中駅を出発し、メインの食事が終わった頃、ワインレストラン号は、上田駅に到着し、しなの鉄道の上田駅長さんが甲冑姿でお出迎えがありました。また、駅のプラットホームでは、しなの鉄道のグッヅとりんご3兄弟のりんごの販売がされており、りんごを早速購入。

 停車時間がありましたので、しなの鉄道職員による演奏会がありワインをいただきながら聞いている方もおられましたが、せっかくなので私は、上田駅前を散策しました。

 ここで、前にも紹介した「おみやげ処 北村」に入ったのですが「和の淳」というお酒を発見したので、早速購入。まだ飲んでいませんが。機会があったらご報告します。
 駅前では、映画祭のタペストリーが飾られており、秋は食欲の秋のほかにも文化芸術の秋だと再認識してみました。そろそろ、上田駅からの出発時間なので、ワインレストラン号に乗車。デザートの配膳がありました。

 ここでは、東御市の胡桃菓子で有名な「花岡」の「紅玉を使用したクルミ入りアップルパイ」と軽井沢で有名な「ミカドコーヒー」のコーヒーでしたが、ここでも、ヴィラデストワイナリー、リュードヴァン、はすみファーム&ワイナリーの3社が持ち寄られたそれぞれのシードルをいただきながら美味しくいただきました。
 これがまた、甘いものを食べながらなんてとお思いかもしれませんが、シードルも合いますね。一度、お試しになってはいかがかと思いますが、デザートワインなるものもありますので、是非、そちらのワインも3社様が作られることを期待して、、、作っているかもしれませんが。。。(すみません情報不足で)。

 当然、軽井沢まで、追加のワインをいただきながら復路の電車に乗りましたが、本当にお天気がよく、絶景の浅間山が見えました。(当然写真を私もとりましたが、写真ではこの綺麗さが出ないので、是非、訪れてくださいね。)しなの鉄道でもワインレストラン号の速度を落として撮影タイムを設けていました。小諸駅でも地元の観光ガイドの方が小諸の大手門の案内をされていて、十分堪能させていただきました。軽井沢駅についてからショッピングモールにもよる時間も十分あり、長野に向けて帰路に着きました。以上がワインレストラン号の旅でした。
 しなの鉄道では、今年の10月から新しいファンクラブを創設しました。しなの鉄道も納涼ビール列車など、いろいろな企画をしています。ポイントもたまります。今回のイベントも対象とのこと。
 街を支える重要な鉄路です。みなさんも今後のしなの鉄道の取組に注目してはいかがでしょうか。

このブログのトップへ