じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

木曽路ぷらり旅~その3~

べぇ~す です。

木曽路ぷらり旅~その1~、~その2~に引き続き・・・~その3~は『奈良井宿』です。

前日は雪景色を楽しみながらの木曽福島町でした温泉で日ごろの疲れを癒した べぇ~す はこの日はお天気にも恵まれて気持ちのいいスタートです
宿の方には、「せっかく木曽へいらしたんだから、馬籠宿や妻籠宿まで足を伸ばしてみてくださいね(^^)/」と勧めていただいたのですが、 時間の都合上お勧めの宿場は断念()・・・でも一箇所は宿場町を歩きたいと思っていたので『奈良井宿』へ

IMG_0152 IMG_0153
 駐車場の片隅にあった蒸気機関車。
 この蒸気機関車は1962年から12年間、木曽福島に在籍し、木曽路の鉄道輸送に貢献した機関車だそうです

 

 山深い宿場ならではの町並みは、風情がありとても落ち着いた雰囲気。

IMG_0156

 街道沿いには、土産品や喫茶店、食堂や酒屋さんなどが軒を連ねていました。
そのなかには日本酒の造り酒屋だったところもあり、新酒ができたときに杉玉を吊るしていたんだろうなという趣を感じさせる軒も発見

 

IMG_0160すがすがしい青空が広がったとはいえ、寒さが身体に応えたので街道沿いにある喫茶店でをいただきたくなり寄ってみました。
昔ながらの造りをそのままに、店内に入ると囲炉裏が天井は吹き抜け・・・大きな太い梁がむき出しで情緒があり、べぇ~す はそれだけでも満足満足

こちらの店主の話に耳を傾けながら、ホットな珈琲タイムを満喫

IMG_0162

 

このコーヒーカップ・・・陶器ではなく漆器なんです!カップを持ち上げた瞬間、つい普段のカップの重みがあると思って持ったので、あまりにも軽くてビックリ
 でも、この漆器のカップは煎れたての温かいコーヒーをすぐに口にしてもカップに熱さが伝わりにくいので、飲みやすくて良かったですね~
 

 おいしいコーヒーでからだも心も“ホット”になったので喫茶店をあとに・・・
本当は総檜でできている太鼓橋『木曽の大橋』を渡ってみたかったのですが、12月に入ってから降った雪が凍結し通行禁止になっていて残念(泣)

1 2

このブログのトップへ