北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 北信地域振興局からのお知らせ > 中野市農福連携プロジェクトの協定締結式を阿部守一知事の立会いのもと行いました!

中野市農福連携プロジェクトの協定締結式を阿部守一知事の立会いのもと行いました!

こんにちは!企画振興課のメガネです。

今日は、5月18日(木)に県庁で行われました、中野市農福連携プロジェクトの協定締結式の様子をお伝えしたいと思います!

 

このプロジェクトは、中野市の基幹産業である農業分野において、障がい者を継続して雇用することにより、障がい者の就労促進と自立を支援することで農業の活性化と障がい者が住み慣れた地域で生きがいを持って暮らせる地域づくりを進めるもので、「農業」と「福祉」が連携することから、農福連携事業と呼ばれています。

今回、中野市と協定を締結したのは、富山県に本社を置く「アルビス株式会社」さんです。

アルビス(株)は、北陸を中心にスーパーマーケット事業を行っており、そのアルビス(株)出資の運営会社「(株)アルビスファーム信州なかの」が、就労継続支援A型事業所の指定を受けた後、障がい者を雇用し、中野市内において農産物の生産、加工、販売等を行っていく予定です。

 

なお、事業所となる建物の整備に、県の「地域発 元気づくり支援金」の活用を予定していることから、北信地域振興局としても支援をさせていただいています。

農福連携事業は、障がい者にとっては就労の場の拡大による収入増や生きがいの増進、農業者にとっては労働力の確保につながるなど、とても重要な取組ですので、今後、このブログでも継続的に取り上げていきたいと思います。

三者記念撮影

 

 

 

 

 

(写真上:協定締結者3名で記念撮影:左から、アルビス(株)大森社長、阿部知事、池田中野市長)

 

調印の様子

 

 

 

 

 

(写真上:協定書への署名の様子)

 

出席者記念撮影

 

1 2

このブログのトップへ