北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 未分類 > 新緑の斑尾山、水芭蕉、リュウキンカの咲く沼の原湿原に行ってきました!!

新緑の斑尾山、水芭蕉、リュウキンカの咲く沼の原湿原に行ってきました!!

北信保健福祉事務所のヤマキチです。5月は新緑が澄みわたった青空に映え、本当に気持ちがいいのですが、紫外線が一年で一番強いと言われています。この日もピーカンでしたので、最強グレードの日焼け止めを塗り、サングラスを装備して行ってきました。斑尾山の登山ルートはいくつかありますが、斑尾高原の大池からの登山道を使いました。大池の北側で林道に入り、登山口に車を停めスタートします。いきなり急登が始まり、ぐんぐんと高度をかせぐため疲れますが、新緑やまぶしい白色のダケカンバ、足元の小さなスミレを励みに登っていきます。

(林道にある登山口)

(急登の登山道)

(ちょっと斜度が緩む場所にあるダケカンバ)

(足元のスミレ)

(もう少しで稜線)

稜線に達すると登山道は右折し、斜度が緩みブナの林の中を進んでいきます。写真を撮るのにいい場所がないか探しながら進んでいると、何やら見たことのある場所、あっけなく頂上へ着いてしまいます。この斑尾山山頂は、全長80kmの信越トレイルの南側の起点で、大きなザックを背負った人を見ることがあります。信越トレイルの詳細については、信越トレイルオフィシャルサイトをご覧ください。

(ブナのトンネルの中を行く登山道)

(頂上、信越トレイルの南側起点)

(斑尾高原方面の眺望)

(飯山市、木島平村方面の眺望)

頂上は休憩適地ですが眺望は限定的ですので、小休止の後、西側の尾根上のピーク、大明神岳を目指し急ぎます。というのは、大明神岳は野尻湖、黒姫山等の素晴らしい展望台となっているためです。

(大明神岳から、右から妙高山、高妻山、黒姫山、戸隠山)

(黒姫山と野尻湖)

(妙高山)

なんとなく霞がかかって見えますが、この季節は大気に水蒸気が多く含んでいるため仕方がありません。小休止後、再び頂上へ戻り、次は北側の尾根上のピーク、北峰を目指します。北峰は、そのピーク近くまでスキー場として開発されていますので、冬でも容易に登頂できそうです。

(頂上-北峰間で高社山方面が見える場所があります。)

(北峰)

(直下のスキー場上部から、妙高山から北側の山々が見えます。)

(北側、遠く日本海が見える?)

この日は斑尾山登山に続いて、斑尾高原の沼の原湿原で見ごろになっている水芭蕉やリュウキンカを見る予定のため、再び頂上を経由して登山口まで一気に戻ります。そして、車で沼の原湿原へと移動します。

(車で移動途中で見えた斑尾山の新緑)

そして沼の原湿原へ到着、案内板でコースを確認していると、看板の下に妙高市と記載されています。沼の原湿原は、信州の尾瀬などと言われていますので、てっきり長野県にあるものと思っていましたが違いました。斑尾高原は県境が入り組んでいますが、一つの観光地ですので紹介していきます。湿原にいくつかあるコースのうち、今回は最奥まで周回するロングコース(2.8km、90分)を歩きます。なお、斑尾高原観光協会のホームページから沼の原湿原の散策マップがダウンロードできます。

(広々した湿原、残念ながら残雪はほぼなし。)

(木道沿いに咲くリュウキンカ)

(川沿いにリュウキンカが咲き、そこに木道を作った?)

(リュウキンカ)

ショートコースの折り返し地点まで進み、小高い休憩場所で一休します。ここでまったりと湿原を眺めながらお昼を食べていると、何とも言えない幸せを感じます。

(リュウキンカは川沿い、水芭蕉は点在して咲いています。)

ロングコースを更に奥へ奥へと進むと、水芭蕉が数を増してきます。しかし開花から時間がたっているせいか、きれいのピークが過ぎているものが多い感じです。

(群生する水芭蕉)

湿原の最奥まで達し、周回しながら戻りショートコースに合流します。この合流点付近の川沿いにも水芭蕉が咲いています。やはり、水芭蕉は水辺に咲いていると美しさが違います。

(川沿いに咲いている水芭蕉)

(水面スレスレにカメラを持っていき撮影)

(水面の青色を偏光フィルターで強調して撮影)

(太陽のキラキラを入れるとうっとりするほどきれい)

そして、入り口まで戻り周回の終了です。沼の原湿原はこれからも色々な花が見頃を迎えますので、楽しみは続きます。
  ミツガシワ (5月下旬~6月中旬)
  カキツバタ (6月上旬~7月上旬)
  シラヒゲソウ(8月上旬~9月中旬) ※信州いいやま観光局のホームページより

沼の原湿原は、訪れる人はあまり多くなく、静かに散策ができそうですのでお勧めです。また、前段の斑尾山も気軽に登ることができますのでお勧めです。物足りなく感じる人はこのようにセットで行動してもいいと思います。
このほかにも斑尾高原には見どころがいっぱいあります。これらは斑尾高原観光協会のホームページで紹介されていますのでご覧ください。

撮影 令和元年(2019年)5月19日
お問い合わせ先 長野県北信保健福祉事務所  電話 0269-62-3105

このブログのトップへ