北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷の食文化・味 > りんごで育った信州牛の枝肉共進会が開催されました!

りんごで育った信州牛の枝肉共進会が開催されました!

こんにちは。農政課の元ゴです。

寒い冬には、やはり肉!

 

というわけでもないですが、11月12日に、信州牛生産販売協議会 第31回肉牛枝肉共進会が中野市の大信畜産工業(株)本社工場で開催されました。この共進会に出品されるのは、いわゆる「りんごで育った信州牛」です。

枝肉共進会1

こちらは、特別優秀賞の「長野県知事賞」を受賞した飯綱町の大川さんの枝肉です。猛烈にサシが入っているのがお分かりいただけるでしょうか。

一切れ一万円ほどするそうですが、貧乏舌には味の想像がつきません。一度でいいので、こういうお肉を食べてみたいものです。

 

特別優秀賞の「中野市長賞」、「協議会長賞」は、両賞とも山ノ内町の農事組合法人 高井富士畜産組合の枝肉が受賞しました。また、優秀賞の「信州プレミアム特別優秀賞」は、中野市の農事組合法人 奥信濃畜産組合、三水村の荒井さんと松本市の石原さんが受賞しました。

受賞された皆様、本当におめでとうございます。

枝肉共進会2

※記念撮影:特別優秀賞受賞者と審査委員長(長野家畜保健衛生所長)、中野市長

 

りんごで育った信州牛、機会があればぜひご賞味ください。

このブログのトップへ