諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 岡谷市川岸地区 山火事跡地の今

岡谷市川岸地区 山火事跡地の今

林務課のTです。

どうも、もう一人のTです。

二人合わせてT&Tです。

朝晩は涼しく過ごしやすい季節になりました。でも、日中はまだ暑い日がありますね、ちさんマン。

「暑いいいいいいいいいいいい!燃えるように暑いぜ!がははは!」

1

さて、「暑い」「燃える」といえば『炎』。大きな炎といえば山火事ですよね。最近では、2年半前の3月31日に岡谷市川岸で発生した山火事(林野火災)がありました。

「ちょっとちょっと!話の展開、強引じゃない!? そういうの、嫌いじゃないけど。。。」

平成27年3月31日に岡谷市川岸地区で林野火災が発生し、2日後の4月2日にようやく鎮火しました。消火には延べ1,935人と航空機27機が投じられ、一時247世帯に避難準備情報が発令されました。結果的に5箇所に飛び火し、アカマツ林を中心に約45ha(ヘクタール)の森林が被害に遭いました。

2 3

「「45haの森林」って急に言われても、大きさがイメージできないよ。。。」

そうですね~、45haというのは、例えると畳を約271,700枚並べた広さです。他で例えると、テニスコート約1,725面の広さです。

「いやいや、全然分からねーよ! 一生懸命計算した努力は認めてやるけど。。。」

では、バチカン市国1個分です。

「なるほどね!・・・って、それも分からねーし! 分かりやすく説明する気ないだろ。。。」

東京ドーム約9.6個分です。

「こんなやり取りで文字数稼いでんじゃねーよ!! で、山火事跡地はどうなったの?」

被害にあった森林のうち、斜面が急で土砂流出の恐れがあったり、過去に災害が発生した箇所は、防災を意識した森林づくりということで、長野県が実施する「治山事業」により森林再生を進めています。具体的には、被害にあって枯れてしまった木を伐採し、伐採木は斜面の下へ転がっていかないように集積するという内容で、平成28年度は約3.5ha、平成29年度は約8.7ha、合わせて12.2haの面積を実施しています。

4 5

「ふむふむ。12.2haというと、バチカン市国0.28個分だな・・・」

ちさんマン、分かりにくい面積の例え方にはまってるし・・・。

え~それから、治山事業以外では、森林所有者などから成る「新倉山復旧協議会」を設立し、被害発生場所ごとの復旧方法を話し合ったり、地域住民の合意形成を図りながら、森林経営計画(※)を策定して造林事業による被害木の伐採・搬出も進めています。

(※)森林経営計画:「森林所有者」又は「森林の経営の委託を受けた者」が、自らが森林の経営を行う一体的なまとまりのある森林を対象として、森林の施業及び保護について作成する5年を1期とする計画。

6 7

「造林事業では被害木を搬出して、資源の有効活用を図ってるんだな。搬出するってことは、道路が無いと難しいよね。」

その通り!道路が不可欠です。なので、岡谷市が国・県の補助金を活用して「林業専用道」という道路を開設中です。

「林業専用道?馴染みの無い名前だな?」

『おいおいおい!オイラを忘れていないかい?森林・林業に関する道のことなら何でも聞いてくれ!』

8

「ん、これはこれは『ろもうマン(※)』じゃないっすか!久しぶりですね。とっくに引退したのかと。」

(※)ろもうマン:森林内の道(路網)をモチーフにした非公認のキャラクター。長野県魅力発信ブログで「ろもうマンのくねくね日記」を多数連載するも、大人の事情で現在はストップしている。

『そんな訳あるか!誰も呼んでくれないから一日中ゴロゴロ~クネクネ~してたよ。さて、本題だけど、林業専用道とは・・・』

すいません。登場人物が4人(T・T・ちさんマン・ろもうマン)もいると、誰がしゃべっているのか分かりにくくてゴチャゴチャになるので私Tが説明します(←どっちのTだよ!)。

林業専用道は、市町村が管理する森林施業のために特化した林道で、大型トラックによる木材の搬出を想定した必要最小限の規格構造の道です。高規格な林道と比べて、地形に沿った線形であり、のり面の高さを低く抑えているため、低コストで開設できて環境にも優しい道なのです。

岡谷市川岸地区では、平成28年度に641m、平成29年度に305m、平成30年度に514m、合わせて1,460mを開設する計画で進めています。

9 10

「ふむふむ。1,460mというと・・・(面白い例え方が思いつかない)」

というわけで、地元の「新倉山復旧協議会」が中心となり、治山事業、造林事業、林道事業等を活用しながら、森林再生に向けて取り組んでいるということです。

11

「早く豊かな森林へと再生してくれるといいな!」

『あの~すいません。めちゃめちゃ久しぶりの登場だったんですが、数行だけの出演って、さすがに・・・』

あの、Tですが、私はまだ一言もしゃべってないんですけど・・・(←だからどっちのTだよ!)

『他にも森林作業道というのがあって・・・』

「ゴチャゴチャしてきたから、またな!がははは!」

12

 

LINEで送る

このブログのトップへ