南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の伝統・文化・史跡 > ◇祝◇国重要無形民俗文化財指定【大鹿歌舞伎秋の定期公演2017】中学生の熱演に魅了されました

◇祝◇国重要無形民俗文化財指定【大鹿歌舞伎秋の定期公演2017】中学生の熱演に魅了されました

総務管理課のTです。

秋も深まる「10月の第3日曜日」と聞いて、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そうです。毎年恒例の「大鹿歌舞伎」秋の定期公演日です。

南信州の民俗芸能の代表格ともいえる大鹿歌舞伎ですが、今年はとりわけ特別な年となりました。全国に数多ある地芝居(農村歌舞伎)の中で初めて、国の重要無形民俗文化財に指定されたのです。
今回は、これを祝した記念公演。初めて中学生たちが定期公演の一幕を演じるとの情報を聞きつけ、16日、職場の同僚とともに筆者も観覧に出かけてきました。生徒たちの奮闘ぶりを中心にご紹介したいと思います。

当日はあいにくの雨。会場を本来の市場神社の境内から大鹿中学校体育館に変更しての開催です。この天気では集客が心配と思いきや、何と会場は観客で溢れ、ほぼ満員。大鹿歌舞伎の人気が根強いことを改めて実感です。席に着き、弁当を食しながら開演を待ちます。

DSC_0328

さて、いよいよ正午となり、開演です。保存会長である柳島大鹿村長のあいさつに続き、中学1年生たちによる大鹿歌舞伎の歴史や楽しみ方の解説がありました。

DSC_0327

生徒たちは約1000人もの大観衆を前にしても堂々とした発表で、時には笑いを誘い、上手に場を和ませながら、会場の一体感を醸成します。
「おひねり」の投げ方や、「掛け声」のかけ方のレクチャーもありました。
掛け声は会場全員で実際に声を出して練習です。これで、本番も大丈夫です!?

今回の公演は、全3幕のうち、第2幕の「鎌倉三代記 三浦別れの段」を中学生たちが演じます。この演目は、許婚の三浦之助と父である北条時政が戦場で敵対する中、その間で恋と考の板挟みとなり苦しむ時姫の悲劇を描いたもので、大阪夏の陣を鎌倉時代に置き換えた物語です。

役者、太夫、黒衣など、それぞれ与えられた役割を一生懸命に演じている生徒たちの姿は、とても中学生とは思えません。その一人ひとりが堂々としていて、自信にあふれ、輝いて見えます。

DSC_0335

DSC_0333

DSC_0343

DSC_0348
レクチャーの成果?もあり観客席からは、雨あられのように「おひねり」が舞い、ひっきりなしに掛け声が飛びます。「待ってました!」、「よっ、日本一!」、「よっ、千両役者!」

DSC_0349

今回、正直なところ、筆者は中学生のここまでの熱演を予想しておらず、完成度の高さに本当に驚かされてしまいました。
大鹿中学校の歌舞伎学習は、約40年前に始まり、地域住民と学校の地道な取り組みが実を結び、将来への継承に成果が出つつあるお話は聞いていましたが、今回の生徒たちを拝見し、これがまさに大鹿歌舞伎の将来を支える原動力だと確信しました。これら地域を挙げた取り組みが、今回の重要無形民俗文化財の指定に繋がったのだと思います。

今回は、中学生の熱演をご紹介しましたが、愛好会の皆さんが演じる第1幕、第3幕は、さらに繊細、華麗で、迫力に満ちたすばらしいものでした。大鹿中学校出身の若い世代の役者も多く、頼もしい限りです。

DSC_0362

DSC_0353

最後は、恒例の公演の締め括り「お手打ち」です。出演者全員が舞台に並び、竹本登尚太夫の音頭で、観客と一緒に「シャン シャン シャン オシャシャのシャン」と3回手をたたき、またの再会を祈念しました。

DSC_0394

会場は割れんばかりの拍手で、感動と名残惜しさが混じり合った充実感に包まれていました。

今回は、お天気は残念でしたが、会場にいた全ての皆さんが、笑顔に溢れ、すてきな時間を過ごすことができたのではないかと思います。

さて、大鹿歌舞伎は、春と秋の2回定期公演が行われます。まだご覧になっていない皆様、一見の価値ありですよ。来春ぜひ大鹿歌舞伎に足をお運びください。

ちなみに、10月22日(日)には、大鹿歌舞伎保存会と南信州民俗芸能継承推進協議会の共催による「大鹿歌舞伎ワークショップ」が開催されます。興味のある方は、是非ご参加ください。
【大鹿歌舞伎ワークショップ】
日  時:平成29年10月22日(日)10:30~12:00
場  所:大鹿村交流センター大広間
問合せ先:大鹿歌舞伎保存会事務局 電話0265-39-2100

LINEで送る

このブログのトップへ