南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の林業 > 林道工事日誌②[コンクリート路面工]

林道工事日誌②[コンクリート路面工]

こんにちは。林務課のMです。

 

1月は厳しい寒さが続き、街中が雪景色となる日も多くなりました。

温泉が恋しい毎日です。

 

さて、先日ご紹介した千遠線ですが、年末に竣工し、今年度工事を無事に終えることができました。

P0000521

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のり枠内の吹き付けも完了し、春を待っています…。

 

さあ本題に入ります。

今回はその千遠線でも施工している、路面工のお話です。

P0000535

千遠線の現在の工事箇所では、車両の安全かつ円滑な通行を確保し、また降雨による路面浸食の発生を防止するために、コンクリートによる路面工を行っています。

 

コンクリートはアスファルトと比べて養生期間が長いため、アスファルト舗装よりも工事から通行可能になるまでに時間がかかります。

しかし、高耐久性・長寿命なことから「維持管理コストを低く抑えられる」、国内生産できるセメントが原料であるため「材料の安定供給が可能」などの利点もあります。

 

P0000430

↑コンクリート養生の様子です。

 

表面の乾燥や急激な温度変化はひび割れなどの原因となるため、

ブルーシートで覆ったり、気温の低い時期はヒーターで暖めたりと、様々な工夫がされています。

P0000536

↑完成時の写真です。

 

寒さの厳しい年末の施工でしたが、無事に完成しました。

 

林道に多いコンクリートの道路ですが、実は街中でも存在しています。

その耐久性を活かし、わだちが生じやすい交差点や駐車場などを部分的にコンクリート舗装にしているところもあるそうです。

探してみるのも面白い…かもしれません。

 

千遠線の工事はひと段落し、今は来年度工事に向けての準備をしています。

 

学んでいくことはまだまだ多いですが、来年度も安全に工事が進められるよう取り組んでいきます。

LINEで送る

このブログのトップへ