自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > レポート > インストラクタ > 軽井沢で自然保護レンジャーと自然観察インストラクターの研修会を開催しました!!

軽井沢で自然保護レンジャーと自然観察インストラクターの研修会を開催しました!!

みなさん!!こんにちは(^^) 自然保護課ブログ担当 信州の自然が好きな はやまゆ です。

軽井沢にある練馬区立青少年の家(ベルデ軽井沢)で自然保護レンジャーと自然観察インストラクターの研修会を開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

-----------------------------≪補足≫--------------------------------------------------------------------

皆さん、長野県の自然保護レンジャーと自然観察インストラクター制度をご存知でしょうか。

   自然保護レンジャーは、長野県内の自然公園などで自然保護や適正な利用を進め、自然環境の保全に関する意識の高揚を図るため、自然公園の利用者の方へルールやマナーを守るように指導したり、ゴミ拾いなどをしてくださっているボランティアの皆さんです。

   http://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/shizen/ranger.html

   自然観察インストラクターは、子ども達を始め多くの皆さまが自然に親しみ、学習することができる機会の充実を図るため、植物、鳥、昆虫、星座等に関する知識をお持ちの方々が自然解説を行っています。

   http://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/shizen/instructor.html

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

研修会場のベルデ軽井沢は、軽井沢町信濃追分駅から歩いて20分くらいのところにあり浅間山を一望できます。施設の横にはベルデの森として整備されたフィールドがあり、施設も充実していて研修会にはとてもいい場所でした。

1473243602786

 

1473243628711

12月3日(土)~4日(日)と12月10日(土)~11日(日)と2回にわたって開催し、約100名の方にご参加いただきました。

1泊2日での研修会は初めてでとても緊張しましたが、ベルデ軽井沢さんや講師の方、スタッフにご協力いただき、また熱心なボランティアの皆さんにも支えていただき無事に終えることができました。皆さんに感謝しています
1日目は、午後から集合して「どうつなぐ?地域と生物多様性」と題して、長野県環境保全研究所の自然環境部自然資源班長 主任研究員の須賀 丈さんに講演していただきました。生物多様性は、人間のグローバル化した経済と地域の自然・暮らし・文化との関わり、人間生活の多様化との関わりから地域づくりの色々な場面に関わっているというお話をしていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
生物多様性を保全し、持続可能に利用するための行動を人間が認識するためには、地域の自然を知りどう利用するか、みんなが意識し参画していくことが大切ですね 地域の皆さんにもぜひ自然保全活動の取り組みを理解し参加していただきたいですね。

休憩を挟んでグループごとに分かれ「生物多様性から自分たちにできること等」のワークショップを公益財団法人 日本自然保護協会 自然保護部 保護室長の辻村 千尋 さんに進行していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

事前に自然保護レンジャーと自然観察インストラクターの皆さんから議論したい内容を提出していただき、その中からグループごとにテーマを絞ってもらい議論していただきました。皆さん日頃から活動に対する悩みや疑問に思っていることも多く、分類しただけでも16議題、細かい内容では約80個、その中から議論する議題を選ぶのも大変なことでした。

多くのグループは指導の仕方や外来種についてが多かったです。その中で今の課題から3年後5年後をどうするか考えて議論しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

グループで議論した後は、グループごとに発表していただきました。時間が少なすぎて結論までは難しかったグループもあったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

どのグループの意見も今後の施策や地域の活動にいかせそうなものばかりでした。

講師の辻村さんからは、全国や海外でのご自身の体験を踏まえながらアドバイスをいただきました。

指導にあたって伝えるのと伝わるのでは意味が違うというのが印象的でした。どんな場面でも伝えたつもりでも相手に伝わっていなかったりと人によっても伝わり方が違ったり難しいですね。人にはどのように伝わるのかを考えながら行動することが大事ですね。

もう一つ印象的だったお話しでは、辻村さんは山へ行くときは登山用靴を自宅からは履かず、山に入るときに履き替えるようにしているそうです。当たり前かもしれませんが、今山では国内由来の外来種(もともとなかった植生がそこに繁茂してしまうこと)が問題になっています。それは、人間に運ばれるケースも多く靴の裏や服などに自分の家の周りの植物の種子をつけて山に入ることでそこで入り込み繁茂してしまいます。靴を履きかえることや靴裏や服をはらうなど気遣いをすることも外来種を未然に防ぐ上で、生物多様性を保全する上では、重要なことです。ちょっとした心遣いで自然を保護することにつながりますね。

2日目は

ベルデ軽井沢の支配人 手水 郁雄さんに「自然観察と野生動物のビデオ観賞」の講義をしていただきました。

氷点下に下がった軽井沢のフィールド(ベルデの森)で、手水さんから自然観察を伝授いただきました。広いフィールドの中は整備がいきとどいていて、様々な動物の痕跡や地形や歴史文化などまで幅広く勉強になりました
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

室内に戻って、手水さんかベルデの森に設置したセンサーカメラに映った貴重な野生動物の映像をみさせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の研修会では、ベルデ軽井沢の支配人の手水さんにはとてもお世話になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手水さんは、とても熱く、色々なお話しを聞かせていただきました。2回自然観察に参加しましたが、同じフィールドでもその時々によって違った感覚があって自然観察は何度体験しても楽しいです
皆さんも是非、身近な自然観察をしてみてはいかがでしょうか。長野県では自然観察インストラクターという制度があります。自然観察インストラクターのレクチャーを受けながら自然観察すると違った見方ができます。是非利用してください。

自然観察インストラクターの詳細は、こちらのホームページで

http://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/kurashi/shizen/shizen/instructor.html

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE