楽園信州

信州の旬情報をお届け!

長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■“しあわせ”発見~信州巡り~ > <最終号>“しあわせ”発見~信州巡り~

<最終号>“しあわせ”発見~信州巡り~

“しあわせ”発見~信州巡り~
~北陸新幹線飯山駅が開業 つながろう北信州!~(2)
みなさん、こんにちは!
楽園信州・“しあわせ”発見~信州巡り~、ナビゲーターのリンダです☆

(四季・自然)・(味)・(技)・(生活・文化)

の4つのテーマをもとに、長野県内各地域の魅力をご紹介している『“しあわせ”発見~信州巡り~』。

長野県内10地域を北から南まで各地域ごとにご紹介してきたこのコーナーも、今回で最後の地域となります。
最後を飾る第10回目の地域は、北信地域です!
前編では、4月中旬頃まで楽しめるウィンターアクティビティ、スノーシュートレッキングや芽吹きの春を告げる福寿草、また山菜を使った北信地域の蕎麦をご紹介しました。
★前編はコチラ

後編では、素朴で可愛らしい土びなや、信州最北の地・栄村の伝統工芸品、また北陸~信州~東京を繋ぐ北陸新幹線をご紹介します。





<土の温もりと作り手の温もりを感じられる「土びな」>

先週あたりからようやく春らしい雰囲気になってきました。日中のあたたかさや、暗くなる時間が少し遅くなったり…と信州にも少し遅れて芽吹きの足音が近づいています。

最後にご紹介する信州の技は、ひな人形。人形といっても土から作られる「土人形」です。

北信地域の中野市は「土人形の里」として知られ、地元では古くから「土びな」と呼び親しまれてきました。
ひとくくりに「土びな」といっても、実は二種類の流派があります。
ひとつは京都・伏見から伝わった奈良家が制作する「中野人形」と、もうひとつは愛知・三河から伝わった西原家が制作する「立ヶ花人形」。

「中野人形」の方は少し小さめで、七福神や動物などかわいらしい題材のものが多く、「立ヶ花人形」は歌舞伎の場面を表したものが多いため、背丈も大きいものが多いことが特長。
どちらも同じ土人形ですが、見比べてみると一目瞭然です。
ころんと丸みのある土びなは見ているだけでも癒されますし、凛と立つ土びなには、気持ちをシャンとさせられるような雰囲気があります。しかし、素材が「土」なのでどこか温もりも感じられる不思議な人形です。
  写真左:中野人形 写真右:立ヶ花人形
(写真提供:中野市役所経済部 商工観光課観光係)



(テレビ信州)
中野市では、4月1日まで「「第12回まちかど土びな展」を開催しています。また3月31日~4月1日までは「中野ひな市」も合わせて開催されます。
この期間は、中心市街地の店先に貴重な土人形が展示され、まるで土びなの博物館になったかのように、至るところで様々な土びなを見ることが出来ます。
ひな市では、展示即売会もありますので、お気に入りの土びなを探してみてはいかがでしょうか?

・中野ひな市 3月31日~4月1日
http://hinaichi.com/

・第12回 まちかど土びな展 ~4月1日
http://hinaichi.com/?page_id=18


<豪雪地帯だからこそ発展した生活文化>

北信地域は、長野県内・全国でも有数の豪雪地帯として知られていますが、中でも最北にある栄村では、昭和20年2月12日に観測史上最高の7m85cmの積雪を記録するほど雪深い村です。

そんな栄村だからこそ発展してきた生活文化が「ねこつぐら」。
冬、仕事が無い時期の内職として作られた伝統工芸品です。
藁(わら)を編んで作る籠のようなものなのですが、元々は農家で使われていた子守りのためのゆりかご。
それを猫が入るようにドーム型に改良したのが「ねこつぐら」なのです。

栄村の工芸品「ねこつぐら」
(写真提供:栄村役場 商工観光課)
ねこつぐらには、夏涼しく冬暖かいという特長があり、猫には狭いところや暖かい場所が好きという性質があるため、お互いの特長がぴったり合う品!
ぴったり合う!とはいえ、そこは猫なのでねこつぐらに入るまでに多少の時間と
猫自身の気分を要することがありますが…。ねこつぐらに入ってくれたときの可愛らしさは格別です!

今年は各地で記録を更新するほどの雪が降りました。
けれど、もし雪が降らなければこの「ねこつぐら」も出来なかったかもしれない!?と思うと、一概に雪を嫌いにはなれないなぁと感じます。

また、栄村では豊富に積もった雪を楽しもうと「さかえ雪ん子まつり」を開催しています。
地元の温泉を引き入れて作る「雪上足湯」は、まさに積雪豊富な地域だからこそ出来る楽しみですよね。
足湯で温まりながら、見上げる花火はなんだか贅沢な気分!
今年のまつりは終了してしまいましたが、来年の雪が楽しみになりますね♪
雪の中で足湯!寒くても温まります。(写真提供:栄村役場 商工観光課)


<いよいよ運行スタート!北陸新幹線>

いよいよ来年2015年に開業となる北陸新幹線!
それに先行して、3月15日から長野新幹線の一部ダイヤで運転が始まっています。

■E7系を使用する『あさま』(4月18日まで)

【下り】
あさま 505・509・521・525・533・539・549号

【上り】
あさま 504・518・522・530・536・546・550号

http://www.pref.nagano.lg.jp/nagachi/nagachi-seisaku/shinkansen/shinkansen-top.html

http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/131220.pdf


長野県内では、新しく新幹線発着駅として開業するのが飯山駅。
開業すれば飯山~東京まで一本で行くことができ、また乗車時間も約2時間4分と、今までより都心からのアクセスが便利になります。
北信地域では、地域一丸となって観光を盛り上げようと様々な取り組みやイベントが行われています。

5月のゴールデンウィークには、開業300日前イベントとして「第31回いいやま菜の花まつり」が開催されます。
毎年県内外から多くの方が訪れるイベントですが、開業の気運が高まっている今年は特別なイベントになりそうですね。

もちろん、一面に菜の花が咲き誇る景色は言うまでもなく美しいです!
新幹線の開業で、これまでよりさらに北信濃の春を身近に感じられそうですね。

最終回の「しあわせ発見」はいかがでしたか?
2013年6月から長野県内の10地域にあるそれぞれの「しあわせ」をご紹介してきました。
まだまだ信州には、みなさんの知らない「しあわせ」があります。
ぜひ、あなたの目で“発見”してみてくださいね。

【北信地域内 各自治体】

中野市 http://www.city.nakano.nagano.jp/index_top.asp

飯山市 http://www.city.iiyama.nagano.jp/

山ノ内町 http://www.town.yamanouchi.nagano.jp/

木島平村 http://www.kijimadaira.jp/

野沢温泉村 http://www.vill.nozawaonsen.nagano.jp/

栄村 http://www.vill.sakae.nagano.jp/


★リンダと鈴之助が取材で見つけた“しあわせ”のひとコマ★

信州は、自然も味も技も生活文化も魅力がいっぱい!
まさに「しあわせ信州」です!!きっとあなたも知らなかった発見がたくさんありますよ♪

今回でリンダと鈴之助もナビゲーターを卒業します。
でも信州大好きな二人はこれからも色んな土地に出掛けるみたいです!
また信州のどこかでお会いしましょう!




メールマガジン楽園信州
“しあわせ”発見~信州巡り~
ナビゲーター:リンダと鈴之助


LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE