じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > 鹿教湯温泉で「認知症予防の為の講演会」が開催されました。

鹿教湯温泉で「認知症予防の為の講演会」が開催されました。

 

こんにちは。

商工観光課 マルです。

 

上田地域では、以前から「鹿教湯温泉」に代表される湯治、「菅平高原」や「湯の丸高原」のスポーツ合宿など、地域の観光資源を「健康づくり」や「スポーツ」に生かした活動がとても盛んです。

当地域振興局では、このような取組を更に磨き上げ、強みとしてPRするため、「健康づくり」と「観光」をかけあわせた「ヘルスツーリズム」を推進しています。

 

 

湯治場として有名な「鹿教湯温泉」は、上田市丸子地域にあります。

その昔、鹿に化身した文殊菩薩が出湯の所在を教えたという言い伝えがあり、環境省指定の「国民保養温泉地」や「日本の名湯百選」にも認定されており、その柔らかく、身体の芯から温める泉質は、神経痛、関節痛、リュウマチなどを癒し、「杖いらずの湯」として評判

2年ほど前からは、当温泉地を「健康の里」としてPRするために、ポールウォーキングなどの様々な取組が行われています。

 

この鹿教湯温泉で、2月14日(水)に「認知症予防の為の講演会」が開催されると聞き、興味深く参加してきました!

 

DSCN0313

講演会のチラシ。「ずっと家族みんなが笑顔でいたい。」とのフレーズがとても印象的。

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5

このブログのトップへ