じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > カフェ「リトルマチルダ」その2             上田市海野町商店街41

カフェ「リトルマチルダ」その2             上田市海野町商店街41

こんにちは。

商工観光課のKです。

先回、上田市海野町商店街にあるリトルマチルダを紹介しましたが、⇒先回のリトルマチルダ

このリトルマチルダ「ランチもなかなかいいよ!」とお聞きしましたので、今回はランチを中心に「その2」として、紹介させていただきます。

CIMG8823
 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リトルマチルダのランチには、主だったものが2通りあります。

一つは、「おともランチ」。

ん?「おとも」って何?…とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

「おとも」とは、ご飯の「お供」のことなんですね。

全国各地から取り寄せた9種類のご飯のお供と小鉢2品、スープ、ドリンク(もちろんご飯も!)が付いて、価格は、1,180円(税込)になります。

CIMG8886

本日の「おともランチ」の、小鉢2品(写真右奥)とスープ(写真左)です。



 

 

 

 

 

本日の小鉢は、もやしのゆかり和えと大根の酢の物でした。

酢の物は、さっぱりとしていて、さわやか。

もやしのゆかり和えは、良い具合にもやしのシャキシャキ感が残って、ゆかりの風味、塩加減が絶妙の一品でした。

スープは、人参とえのきが入ったコンソメスープでした。

 

「おまたせしました!」

「おともランチ」の登場です!

CIMG8893

ご飯を取り囲むように置かれた全国から取り寄せられた「ご飯のお供」



 

 

 

 

 

 

北海道、東北、関東、北陸、中部、関西、中国、四国、九州・沖縄各地から取り寄せた5種類の厳選されたご飯のお供です。。

 

 

CIMG8898

説明書きを見ながら、「お供」を確認します。



ドライトマトやカシューナッツの入った大豆のみそ和え!や国産イワシの魚糖

を使用した国産ザーサイ葉の油いため、そぼろの肉みそ和えや広島から取り寄せたワカメ入りの青のり…etc

 

 

さすが「おともランチ」。

お供は、ご飯に合いそうなおかずばかりです。それも厳選されたものばかり!

ご飯も美味しく、「お供」と「ご飯」のクオリティが、それぞれ互いの魅力を存分に引き出し合っている感じがしました。

ご飯は、2杯までおかわりできるということです。
甘めの味付けが食べやすい広島産の青のりをいただきながら、まだ行ったことのない広島に思いを馳せる私。

「全国のご飯のお供を食べながら、その地を旅しているイメージを醸し出す」…

楽しいランチを考えましたねリトルマチルダ。

なんとも贅沢な感じがする「おともランチ」でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてもう一つのランチが日替わりのライスボートランチ(小鉢2種、スープ、ドリンク付き)1,080円(税込)です。

CIMG8888
 

日替わりのランチになっていてご飯の上に厳選のおかず(たとえばマグロ漬け(150円加算)、きじ焼き(焼き鳥と出汁巻卵)、湯葉と茄子の揚げ浸し…3品のうちから2品を選びます。)が乗っているというものだそうです。

 

 

私が伺った日は木曜日。(おともランチとは別の日ですよ!)

木曜日は、フォーの日。

汁なしフォー、鶏だしフォー、トムヤンクンフォー、グリーンカレーフォーの4種類から1つをチョイスします。

保守派?な私は、4つのうちから「鶏だしフォー」をチョイスし、オーダーしました。

※フォー:ベトナム料理の平たい米粉麺。

CIMG9078

フォーとガバオライス(⇒後程解説)のセットです。



 

 

 

 

 

まず、スープと小鉢2品をいただいて待っていると
「おまたせしました。」

本日のランチ、フォーとガバオライスのセットが出てきました。

一口フォーをいただくと

「ん?ん?…ん

このなんとも癖のある、複雑な香りと味は何なんだろう?

辛いし、酸味もある複雑な味、そして独特な香り。

思わず聞いてしまいました「あの~、このフォー、とっても複雑なお味…って感じがしますが…」

「え?トムヤンクンですけど…」(とオーナーの水井さん)

「え???」(本人は、鶏だしフォーのつもりで食べているから戸惑いが隠せず…)

調理担当のマサさんが「あ、間違えちゃった!ごめんなさい

「お取替えしますか?」とマサさん。

「いえ、このままトムヤンクンフォーをいただきます」

とマサさんのみごとな誘導でトムヤンクンフォーに挑戦し(?)、それを完食できた私。

味に癖は感じましたが、食べられないことない…いや、食べているうちにその酸味と辛味が「やみつき」になりそうな感じがしてきましたよ。

「うちのトムヤンクンは、レモン汁をたっぷり使っているので食べやすいんですよ。ちなみに私も他店のトムヤンクンは食べられないんですけど、リトルマチルダのトムヤンクンは、美味しく食べられるんです!!」と水井さん。

トムヤンクンにまだ挑戦できていない方、木曜日のリトルマチルダで、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

私にもできました…トムヤンクンの完食。

ガバオライス(タイの定番料理:簡単に言うと鶏肉のバジル炒めご飯。玉ねぎ、赤、黄色いピーマン等の野菜にバジルを加えていためた鶏ひき肉がご飯にかかっています。)の上には、たっぷりのパクチーが。

大丈夫、食べられますって。

CIMG9080

トムヤンクンフォーです。



 

 

 

 

 

CIMG8911

最後においしいコーヒーをいただきました。



 

 

 

 

 

【リトルマチルダ情報その1】 4月から日替わりのライスボートランチに火曜日にはカレーランチ、金曜日にはパスタランチとに新たなラインナップが加わります。

今までナイトバーなどで提供していて大好評だったメニューがレギュラーランチになるということでとっても楽しみですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【リトルマチルダ情報その2】

CIMG8767
店内にある素敵な棚には、いくつかカップが並んでいます。

このカップは、お客さんのもの。こちらに自分のカップを預けることができるのです。

 

お店に来たときは、いつもお気に入りのマイカップで コーヒーなどをいただくことができるという訳です。

まだまだ知られていないその制度(?)ですが、お店の常連さんには大変好評のようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【リトルマチルダ情報その3】

実は、リトルマチルダの店舗の奥にはもう一つ秘密(?)の部屋があるんです
伺ったとき、不思議に思ったことがあったんですよ。

確かに親子のお客様が入って来たのに、しばらくして振り返ると先ほどの親子がどこにもいないんですよ。

(まさかそのときは、奥にも部屋があるとは知らないので)

さっきの親子は、幻(まぼろし)に違いない…うん、きっとそうだ!と思いながらオーナーのお話しをお聞きしていました。

そのうちに「奥に部屋があるんですよ。」と水井さんの言葉で部屋の存在が発覚!

見学させていただきました。

CIMG8801

先ほど入ってきた親子のお客様はここにいました!!



CIMG8800

マットとマットの周りのクッションでよちよち歩きの子供さんも安全に遊べそうです。部屋は広く、おもちゃもたくさんありました。



 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8803

写真右手前は、水井さんの子供さんが赤ちゃんのときに使っていたベビーサークル(っていうのかな?)です。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用可能なお客様は、小学校入学前のお子様連れの方ということです。

小さいお子さんがいてなかなか外食ができない方などは、お子さんをゆっくり遊ばせながらお食事をすることができますよ。

「お子さん連れにゆっくりしてもらいたい」というコンセプトがとってもいいですね。

「是非、ゆっくりお出かけください。」オーナーの水井さんから暖かいお言葉をいただきました。

(ご利用希望の方は、事前に予約をしていただくと確実です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1489629868399
宴会、パーティー、お誕生日会などもコース料理も和洋折衷、美味しいお料理だと評判です。

左の写真は、ある宴会の時の〆(シメ)の一品の竹の子ご飯です。

ボリュームたっぷり!ご飯の上に錦糸卵がたっぷりのっていて豪華な感じですね。

かいわれ大根とスナップエンドウの緑が鮮やかで見た目もきれいです。

10人くらいからお店を貸切にしていただけるようなので、気になる方は是非「リトルマチルダ」にお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土日には、540円(税込)でモーニングセットがあります。

中華粥、にゅうめん、半斤パンのシチューソースがけの3つから一つ選び、ドリンク付きというものです。
最後に…4月から1日8食限定の特製のハンバーグプレート(ご飯、サラダ、スープがついて1,800円(税込))が平日(月・火・木)のナイトバーに登場します。厳選されたお肉を使っていてボリューム満点、美味しいハンバーグということです。こちらも楽しみですね。COMMING
とにかく話題いっぱいのリトルマチルダでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

〒386-0012

 上田市中央2-12-9

 CAFE LITTLE MATILDA (カフェ  リトルマチルダ)

 0268-71-5656

 http://r.goope.jp/matilda/info/1445557

ランチ営業時間:11:30~14:00

ナイトバー営業時間:18:00~21:00(月・火・木)

          18:00~23:00(金・土)

定休日:水曜日

 

 

 

 

 

 

bんち

LINEで送る

このブログのトップへ