じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > カフェ「リトルマチルダ」その1上田市海野町商店街39

カフェ「リトルマチルダ」その1上田市海野町商店街39

こんにちは。

商工観光課のKです。

海野町商店街に昨年(平成28年)4月1日にオープンしたカフェ、リトルマチルダを本日は、ご紹介します。

CIMG8823
CIMG8822
リトルマチルダ…小さいマチルダ(女の子の名前)という意味だと思っていたら、マチルダには、「かばん・荷物」…という意味もあるそうなんです。

「『手荷物を持ってこの店に来て、日常から離れた空間で美味しいものを食べ、元気になってもらいたい。そしてまた元気に出かけて欲しい。』そんな願いをもってつけられた名前なんです。」とリトルマチルダの水井さん。

このお店は、千曲市にある寿高原食品(株)の直営店でもあります。寿高原食品(株)の関連会社(有)寿興産が運営しています。

本日は、カフェ リトルマチルダのカフェ企画・運営担当の水井さんにお話をお伺いしました。

水井さん、お忙しいところありがとうございました。

CIMG8798

水井さんのセンスあふれるおしゃれなカフェ、リトルマチルダは、ゆっくりとした落ち着いた雰囲気のある空間です。水井さんの思いがあふれている空間でもあります。



ちなみに水井さんは、東京生まれの東京育ち。そして、建築士の資格もお持ちということです。

都会的な雰囲気の漂うこのお店は、水井さんの設計によって生まれたということです。

お店に飾ってある小物等も水井さんの厳選品です。

コンセプトは、「旅」。

店内には、「旅」をテーマとしたものがたくさんあってとても素敵です。

たとえば…。

CIMG8761

写真中央のランプシェイドとドアに書かれている文字に注目ください。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランプシェイドが地球儀の形をしていたり、ドアに「ボン・ボヤージュ」の記載があったりするんです。

(※ボン・ボヤージュ:「よい旅を!」の意味のフランス語)

実は、この文字の描かれたドアの奥は、トイレなんですよ。

CIMG8762

トイレの中の壁には、世界地図が。それもアクリル板でできた素晴らしい地図です。「ボン・ボヤージュ」の言葉の意味がここでつながりました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8785

この牛のオブジェにもこだわりがあります。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとこの牛の黒い模様が…

CIMG8786
 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると世界地図になっているんです。左がアフリカ大陸ですね。右(しっぽ近く)には、日本も確認できますよ。

CIMG8763

壁から動物がポップアップ!壁から飛び出す動物たち。見ているだけでワクワクします。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8764

壁も白一色ではなくブリックタイル(薄いグレー:石張りのように見えるところ)を使うことにより、動き・メリハリが生じてます。そうすることにより、より心地よい空間になるとのことです。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8778

この壁紙には、水井さんの思い入れがたっぷり入っています。お気に入りの壁紙だそうですよ。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8779

壁紙を良く見ると、女性や人物の頭部の影絵になっているんですね。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8783

リビングのような雰囲気のコーナーもあります。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8773

一人で伺うときは、こちらのコーナーを利用しても落ち着きます。机上のインテリア、建築関係の本(水井さん所有の本です。)が大人気だそうです。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8776

写真に写っている「誕生日大全」「手相幸運百科」も大人気の本。実は、私もこの「誕生日大全」にすっかりはまってしまいました。当たってます。



CIMG8799

入口付近から見たお店の雰囲気は、こんな感じです。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伺ったときは、バレンタインフェア絶賛開催中でした!!(2月11日(土)~2月14日(火))

CIMG8754
バレンタインの特別メニューとして、スイーツの盛り合わせが用意されていました。

それが、こちらです。
CIMG8757

スイーツ盛り合わせ1,000円(税込)です。



写真手前(左)は、チョコレートブラウン(生クリーム添え)、その奥は、日替わりシフォンケーキ(マーブル)、その右がチョコとナッツとコーンフレークのアイス・ママレードソースがけです。

コーヒーは、400円(税込)ですが、スイーツと一緒にオーダーすると50円引きになります。

CIMG8812

盛り合わせのプレートは、ブルーベリーやラズベリー生クリームチョコレートなどで可愛く、オシャレにデコレーションされていました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんな感じで良いですか~?」と調理担当のマサさん。

なんと、私がこのプレートをオーダーした第1号!(お店に伺った日がフェアの始まった日でした。)

夢いっぱいのスイーツの企画が嬉しいです。

CIMG8755
 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、寿高原食品(株)の直営店ということですので、寿高原食品(株)の商品、ジャムやジュースなどが購入できます。

寿高原食品(株)は、1919年(大正8年)創業、再来年に創業100周年を迎える老舗の会社です。

水井さんにお聞きしますと、寿高原食品(株)は、日本で最初にリンゴジュースを作り、販売した会社ということです。

なお、水井さんは、このジュース、ジャムのラベルのデザインを担当しているとのこと。

とっても素敵なラベルですね。(こんなきれいなビンですと、食べ終わったあとも大切に保管したくなりますね)

もちろん、リトルマチルダのロシアンティー、スイーツなどには、寿高原食品(株)のジャム(無添加100%果汁)が使われているとのことです。

CIMG8794CIMG8792
 

 

 

 

 

 

 

 

 

リトルマチルダの入口付近に商品は置かれていますので、カフェにお立ち寄りの際は、こちらの商品も確認してみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リトルマチルダのランチもなかなか」とお聞きしましたので、次回はそのランチをご紹介します。

私もこちらのランチをいただくのが楽しみです
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒386-0012

 上田市中央2-12-9

 CAFE LITTLE MATILDA (カフェ  リトルマチルダ)

 0268-71-5656

 http://r.goope.jp/matilda/info/1445557

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ