じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 「もつ煮こばちゃん」でもつ煮とホルモン焼き

「もつ煮こばちゃん」でもつ煮とホルモン焼き

 

こんにちは。

 

総務管理課のさくたろうです。

 

先日の『「山八(やまや)」で焼き鳥 その①』『「山八(やまや)で焼き鳥 その➁』のあと、「美味しいもつ煮を出すお店を知っている!」という「通(つう)」の案内で、袋町にある「もつ煮こばちゃん」におじゃましました。

こばちゃん1
 

 

 

 

 

 

私自身お酒が飲めないため、こういった穴場の居酒屋さんの情報がなく、行く機会もなかなかないのですが、居酒屋さんで提供される料理は大好きなので、新しいお店を開拓できるのはとても嬉しいです。

こばちゃん2
 

 

 

 

 

 

 

メニューは少なめです。

こばちゃん3
 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、店名にもある「もつ煮」(500円)を注文。

こばちゃん4
 

 

 

 

 

 

お通しはピリ辛に味付けされたキュウリでした。

こばちゃん5
 

 

 

 

 

 

こちらのもつ煮、とにかく絶品です!

 

いつも食べているもつ煮はこってりとした味噌ベースのものですが、こちらのもつ煮は透き通った醤油ベースであっさりとした風味。

 

見たところではありますが、ハチノス(牛の第二胃袋)なども入っていて、とても本格的なものでした。

 

もつ煮は好物の一つなのですが、今まで食べてきたもつ煮の中で一番美味しかったかもしれません。

 

 

続いて、焼き物で「シマ腸」(500円)と、店主さんにおすすめをお聞きしたところ出していただいた「タケノコ」(お値段がわからなくてすみません)です。

こばちゃん7こばちゃん6
 

シマ腸は牛の大腸、タケノコは牛の心臓の動脈血管だそうです。

 

歯ごたえがあり、噛めば噛むほど旨みが味わえて、とても美味しかったです。

 

こばちゃん10
 

 

 

 

 

 

バラ肉(500円)は表面が香ばしくカリカリに焼かれていて、こちらも絶妙でした。

 

 

店内は至って普通の居酒屋さんなので、どんな料理が出てくるのだろうかと、少しだけ半信半疑でしたが、全てが本格的で、どれもとても美味しかったです。

 

臓物はちょっと苦手かも…という方にも食べやすいと思います。

 

 

皆さんも是非このもつ煮を食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

もつ煮こばちゃん

 

住所・電話番号については、二次会だったため見ることができませんでした。(申し訳ありません!)

 

LINEで送る

このブログのトップへ