じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 寿分のつけ麺と豊上製菓(株)モンテリアのジェラート

寿分のつけ麺と豊上製菓(株)モンテリアのジェラート

総務管理課のBWです。

7月17日の海の日、子供2人と妻に「たまには外食したい~」とせがまれ、以前から気になっていた上田市吉田のラーメン店「寿分」さんにお邪魔しました。

P1040642P1040648
お昼時ということもあり、暖簾をくぐるとすでに満席状態。
店内のインテリアは南国風で、カウンター6席とテーブル2卓あります。

入口の券売機でつけ麺の並盛(830円)×2とサンバルつけ麺の並盛(940円)、チリトマト麺(760円)を購入し、待つこと10分位?でテーブルに着くことができました。

※ 「サンバル」とはチリソースの一種で、インドネシア料理に使用されているそうです。

しばらくして、お待ちかねのラーメンが来ました。早速いただくとします。

P1040644 まずは「つけ麺」から。スープはしょうゆベースのこってりとあっさりの中間ぐらい。麺は中太のちぢれ麺でスープと絡み合い、一口食べた後にゆずの香りが心地よいです。

 

 

 

 

 

P1040646 次に「サンバルつけ麺」です。スープはつけ麺と同じくしょうゆベースだと思うのですが、見た目がすごく辛そう。麺はつけ麺と同じく中太のちぢれ麺です。一口いただくと「あれ?見た目より辛くない。」サンバルの香りと適度な酸味が後を引きます。また、辛味も自分には丁度よく、つけ麺と同じく食べた後にゆずの香りが心地よいです。夏バテ防止に良いかも。

 

 

 

P1040643「チリトマト麺」は、「サンバルつけ麺」のつけ麺じゃないバージョンで適度な辛みと酸味が良いです。

 

 

 

 

 

今回いただいた3種類のラーメンは共通して、スープがあっさり目で食べやすく、チャーシューも美味しかったです。次回伺うときは「塩そば」と「チャーシュー麺」も気になりますので、食べてみたいと思います。

寿文さんのラーメンをいただいた後、家族からの強い要望「デザートは?」に応えるため、そこから4kmほど南東の上田市下之郷にある豊上製菓(株)の直営店モンテリアへ移動し、ジェラートをいただきました。

(昨年の9月に商工観光課のKさんが紹介済みです。)←クリック

P1040655
P1040653P1040650
すでに、ジェラートを食べるお客さんが多くいて、人気の高さが伺えます。

ショーケースには9種類?のジェラートがあり、どれも美味しそう。

「ガーナミルクチョコレートとメロンショートケーキ」のダブル「絞りたて牛乳」×2「ガーナミルクチョコレート」を注文。

早速いただくと、とてもなめらかな舌触りで、言葉で上手く表現できませんが「フワッ」とした感じ。甘さも丁度良く後味がスッキリとします。甘いものに目がない自分は当然ダブルを注文しましたが、ラーメンの後にもかかわらず「ペロッ」と食べてしまいました。(摂取カロリーが恐ろしいことに・・・)

次回来るときも「ガーナミルクチョコレート」は外せないかな!(ダブル以上食うつもりです。)

LINEで送る

このブログのトップへ