じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 鍋焼きうどんを食べました

鍋焼きうどんを食べました

こんにちは。地域政策課のSです。

今回は、上田合同庁舎から歩いて20分くらいの「栄食堂」の鍋焼きうどんを
ご紹介します。
IMG_4991
2月のとある土曜日に私用で上田に来ていましたので、立ち寄りました。
以前から、鍋焼きうどんを食べるなら、このお店でと決めていましたので、
タイミングが合いました。

IMG_4992
お店は、4人掛けのテーブルが2つとカウンターに椅子が2つで、こじんまり
としていますが、各種定食、ラーメン、うどん等メニューは豊富です。

鍋焼きうどんは850円です。

IMG_4993
IMG_4994
鍋焼きうどんが出てきました。

「熱いので蓋を取りますね」とお店の方が蓋を取ってくれました。親切です。
春菊、葱、エノキタケ、シイタケ、玉子、豚肉、海老、ナルト、蒲鉾が入って
います。

IMG_4995
IMG_4996
麺は、平べったく、柔らかい食感です。

汁は薄味ですが、野菜や肉の旨味が出て、麺、具材、汁全てが調和した美味しい
鍋焼きうどんでした。海老の尻尾を含め、全ていただきました。

IMG_4997
ごちそうさまでした。

余談になりますが、鍋焼きうどんで思い出すのは、祖母と実家の石油ストーブ
です。
幼少のころ、祖母が石油ストーブの上で、寒い日に鍋焼きうどんを作ってくれ
ました。
玉子、葱、エノキタケは必ず入っていて、肉は豚肉か鶏肉でした。ナルトや油
揚げがときどき入っていました。そんなことを思い出しながら栄食堂の鍋焼き
うどんをいただきました。

ついでにもう一つ余談ですが、実家では石油ストーブの上で、よく食パンを焼
きました。

懐かしさを感じ、身も心も温まるランチでした。

 

栄食堂
長野県上田市中央西1-10-12
TEL 0268-22-8704

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE