北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > 大町・北安曇の自然・景観・名所 > 【世紀の大事業と凄まじい自然とを目の当たりに!】「黒部ルート見学会」に参加しました。

【世紀の大事業と凄まじい自然とを目の当たりに!】「黒部ルート見学会」に参加しました。

県税事務所のMです。夏休みの一日、「黒部ルート見学会」に参加しました。

「黒部ルート」とは、関西電力が黒部奥山において電気事業運営のための重機材などを運搬する輸送設備で、欅平~黒部第4発電所~黒部ダム間(約18km)のことをいいます。(パンフレットからの引用です)

関西電力では、年間30回ほど公募の見学会を実施していますが、人気があるため毎回抽選。この日は4.9倍の倍率だったとのことです。

DSC01569

抽選に当たった30名がトロリーバス黒部ダム駅長室前に集合、観光客の間を抜けてトンネルへと進みます。

荷物チェックを受けて注意事項を聞き、ヘルメットを受け取ると準備完了。黒部トンネル内専用バスへと移動です。

DSC01575

昭和34年に完成したこのトンネルは、黒四発電所建設のための資材を、大町~扇沢~黒部ダム~地下の発電所建設現場へと運ぶためのもので10.4kmの長さがあります。

トンネル途中で横坑見学のために停車します。壁の温度計は6℃。この日は富山で30℃を越える暑さでしたが、トンネル内は別天地です。

 

DSC01586

 

 

 

 

 

40分ほどの乗車で、黒部川第4発電所上部の作廊谷に到着。ここでインクラインに乗り換えます。

DSC01653

 

 

 

 

 

インクラインは、34度という傾斜を荷物と人を乗せて安全に運搬するための装置。ケーブルカーのように、2つの装置が上部と下部を行ったり来たりしています。私たちが載せてもらった「箱」は、大きな資材運搬の際には取り外し可能とのことです。

DSC01599

815mの斜面を20分ほどかけてゆっくり下ると、赤沢岳地下に掘られた黒部第4発電所に到着です。

DSC01613

4基の発電機が並ぶ地下の大空間は、高さ33m、長さ117m。霞が関ビルを横倒ししたほどの空間ということでした。

IMG_2069

発電機下の水車を見学することもでき、黒部ダムから地下水路を通ってきた水の、凄まじい量と勢いとを感じることができます。

DSC01622

4つの発電機、今は富山市から遠隔操作されており、普段、この巨大な地下発電所は無人とのことです。

さて、黒四発電所というと、15年前NHK紅白歌合戦がここから生中継されたことを、私たちの世代なら思い出すのではないでしょうか?

インクライン乗車中には、こんな映像が流れます(^_^)

DSC01603

そして黒四発電所の応接室にはこんなコーナーも。

DSC01640
 

 

 

 

 

 

ファンならずともニンマリです。

 

さて、黒四発電所応接室での昼食後は、「高熱隧道」を通る上部専用鉄道の狭い客車に乗車。昭和14年に完成した鉄道は、今でも40℃を越えるという坑内を通過するため、バッテリー駆動車と耐熱客車が狭い隧道を走ります。

DSC01712

 

 

 

 

 

 

途中、この鉄道が建設資材を運んだ仙人谷ダムに停車し、橋梁上からダムと渓谷を見学します。

DSC01675
 

DSC01680

 

 

 

 

 

 

ここから「高熱隧道」を通過。昭和14年の完成までにたくさんの命を奪った難所を通過し、30分ほどで欅平上部に到着です。

 

 DSC01708

狭い客車を降り、100mほどもトンネルを進むと、その先の出口には展望台。改めてすっぱりと切れ落ちた黒部渓谷の深さを目の当たりにできます。

DSC01722

再びトンネルに戻り、堅坑エレベーターへと移動。標高差250mを欅平へと下ります。

DSC01730

エレベーターを降りると、欅平までやってきたトロッコ列車が待っています。

DSC01740

工事用のトンネルを500mほどトロッコ列車に乗車。宇奈月温泉から続く黒部渓谷鉄道の終点駅「欅平」に到着です。

DSC01747

黒部ダム出発から4時間近く経過。ヘルメットを脱ぐと、それまでの緊張感から解放されます。

大町市と深い縁で結ばれた黒部ダムと黒部川第4発電所。普段なかなか訪れることが難しい場所ですが、今回、見学会に参加することができ、また、丁寧かつ熱心なガイドにも恵まれ、先人の英知と苦難、そして凄まじいばかりの大自然とを間近にすることができました。

見学会は11月まで開催され、10月以降の会はこれからでも応募可能です。興味を持たれた方は、こちらからどうぞ。

http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/hokuriku/koubo/

 (見学施設内は、写真撮影は自由ですが、動画撮影は禁止とのことでした)

LINEで送る

このブログのトップへ