北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

高校生の現場実習会

大町建設事務所のMKです。

平成29年10月3,4日に、白馬高校の普通科と国際観光科の生徒の方9名の現場実習会を開催しました。

この企画は、地域を支える建設業を知ってもらい、将来の人材確保と若手技術者の育成を図る目的で、建設業協会大北支部との協働で実施しました。

IMG_3611砂防の学習のために見学した現場です。歴史に残る災害現場で、こちらは、日本三大崩れの一つ、小谷村 稗田山の崩壊地の源頭部です。1911年に崩壊した土砂量は1億5千万m3といわれ、土砂の流れ込んだ姫川の川底は50~100m上昇したそうです。

 

 

 

 

 

 

IMG_3596現在は崩壊地直下の金山沢で砂防工事が行われていますが、降雨があれば土砂混じりの洪水と山腹崩壊が発生するおそれがあることから、工事現場での作業員の安全確保のため、無人の機械を遠隔操作して作業しています。

 

 

 

 

 

この現場から、登山道のように歩くこと15分。前述の崩壊地源頭部を見渡せる場所に到着です。

IMG_3606IMG_3610

 

 

 

IMG_3582工事現場での実習は、道路のバイパス工事を行っている小谷村 雨中地区でも行いました。
地すべり区域内に道路を開けていくため、地すべり防止工事を行っている現場を見ながら道路工事について学習しました。

 

 

 

 

IMG_3555重機がなければ建設の仕事ができません。重機の操作を体験しました。重機の性能も良くなっているので、簡単な作業なら、初めての方でも操作できます。

 

 

 

 

 

 

建設工事の始まりは測量です。
位置は緯度・経度であらわせます。
角度、距離をトータルステーションで測りだします。
コツをつかむことが大事です。

IMG_3627IMG_3623

 

 

IMG_3636室内では、DVD等で公共事業と建設業について学習しました。特に、現場技術者からの講義では、女性技術者目線での経験談を聞くことができました。

 

 

 

 

 

2日間のまとめとして、グループディスカッションを行いました。
建設業の理解を深めることができ、建設業にも興味をもったという感想を聞くことができました。
建設業を今後の進路選択の一つとして考えてもらえれば嬉しい限りです。

LINEで送る

このブログのトップへ